新型「Thunderbolt Display」、やはりGPU内蔵モデルを準備中か?!

Apple Thunderbolt Display With GPU

Appleはついに「Thunderbolt Display」の販売を終了することを明らかにした。在庫限りでApple純正外部ディスプレイとしての役目を終えるという。

発表と同時に新モデルの登場はなかったが、新モデルそのものは開発が進められているようだ!BuzzFeedのJohn Paczkowski氏によると「Thunderbolt Display」の次期モデルは噂されていた通りGPUを内蔵していると伝え聞いていることを明らかにしている!

内蔵GPU搭載ディスプレイ、新型Macと登場するか?!

GPU内蔵の「Apple Thunderbolt Retina 5Kディスプレイ」が準備中であることは以前伝えたが、今のところこの計画は進められている模様。

GPU内蔵型ディスプレイを用意することによって、マシーンパワーを求められる5K解像度でも本体のグラボがそれほど強力ではないMacでも利用することが期待できる。「USB-C/Thunderbolt 3」が必須となる可能性は高く、残念ながら12インチ型MacBookは2016年モデルを購入したところで利用できないが、新型「MacBook Air」が登場した際には恩恵を受けることができそうだ。

いつ頃新モデルが発表されるかは分からないが、「USB-C/Thunderbolt 3」仕様となれば、今秋、新型「MacBook Pro」の登場とともに発表される可能性はある。

今年末は盛り上がりそうだなあ!

(via 9To5Mac

FOLLOW / 最新情報を購読