MacBook Pro(2021)のSDカードスロットを活かしたストレージ容量拡張カード、512GBモデルが登場へ

転送速度の遅さから「普段使用しないデータを保存するための拡張ストレージ」として最適

Transend sd card memory slot

トランセンドは2月8日、MacBook Pro(2021)のSDカードスロットを使ってストレージ容量を拡張できる「JetDrive Lite 330」シリーズ512GBモデルをリリースする発表した。2月下旬に販売開始する。

JetDrive Liteシリーズは、SDXCカードスロットにぴったりはまるサイズとなっており、通常のSDXCカードのように出っ張る事なく使用できる。挿したままでの運用できるため、USBメモリやポータブルストレージの代用として活用できる。

Mac本体に挿したまま持ち運べる利便性はあるが、転送速度には注意が必要だ。最大読み込み速度は95MB/秒、最大書き込み速度は75MB/秒。人気のSanDisk製ポータブルSSDは最大読み込み速度は1050MB/秒、エントリーモデルでさえも520MB/秒となっており、圧倒的に遅い。MacBook Proの内蔵ストレージも5,000MB/秒以上となっており、内蔵ストレージのようにデータを扱うには向かない。

導入するのであれば、普段は使用しないファイル、作業完了後のデータなど、使用頻度の低いストレージを保管する場所としての活用が良いだろう。

公開情報
コメント(3件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:621531)

    昔のMacBook Air でお世話になりました。
    もう過去の遺産となったと思ってましたが、まさか復活するとは。
    ワードやエクセル等の軽いファイルやiphoneで撮った写真の保管庫としても使えそうですね。

  2. g.O.R.i(コメントID:621519)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:621518)
    2015年までのmacbook用にも似たようなものありましたよね 懐かしいです

    同じやつです!それの2021年モデル対応版、見たいな!

  3. 通りすがりの読者(コメントID:621518)

    2015年までのmacbook用にも似たようなものありましたよね
    懐かしいです

「Mac用周辺機器」新着記事
トレンド検索