ガチャっと繋げるだけ!ポート拡張もUSB Ethernetアダプタも完備!MacBook Air用ドッキングステーション「LandingZone」

LandingZone
【img via LandingZone.net

MacBook Airはモバイル性に長けているが、自宅や落ち着いた場所にいる時は大きな画面で作業したくなるのは僕だけではないはず。ただその一方で、毎回外出する度に外付けHDD、USB Ethernet アダプタなどを繋げたり外したりするのは面倒。

その不満を解消すべく、かなりイケてるMacBook Air用ドッキングステーションが「Kickstarter」にて資金調達に成功したようなので、紹介する!

繋げるだけで「MacBook Air」のポート不足を解消

LandingZone」は、MacBook Airをガチャっとはめることによってハードウェア的に機能拡張ができるMacBook Air専用のドック。Mini Display Port 1つUSBポート 4つUSB Ethernetアダプタ用のポートが1つ用意されている。
LandingZone
【img via LandingZone.net

繋げた状態!
LandingZone
【img via Kickstarter

Ethernetが使えるのはかなり便利!実際Ethernetを使うのは自宅にいる時ぐらいだからね。
LandingZone
【img via Kickstarter

取っ手を引っ張ると外れる。
LandingZone
【img via Kickstarter

利用イメージ。こんなワークスペースを自宅に作りたいなあ。
LandingZone
【img via Kickstarter

プロモーション動画も紹介されているので、こちらもどうぞ!

LandingZone」の予定されている価格は$200。自宅でもMacBook Airをディスプレイに繋げてガリガリ使う人は購入を検討してみてはいかがだろうか!

(via KODAWARISAN

もっと読むMacまとめ
あわせて読みたい