Macの画像にiPadで書き込める「連携マークアップ」が便利すぎる

Mac上にあるファイルにApple Pencilを使って書き込みたいときに活用できる機能

Mac iPad Collab Markup Feature 01

僕は撮影した写真にApple Pencilで書き込み、アイキャッチ画像として使用する機会が多い。AirDropを使い、MacとiPadでファイルを行き来させることもできるが、「連携マークアップ」を活用すればMacにある画像をiPadから直接書き込むことができる

本記事では連携マークアップの使い方を解説する。

画像ファイルをQuick Look → 連携マークアップ

連携マークアップを利用したい画像を選択肢、Quick Lookする。右クリックし、表示されるメニューの中にある「クイックアクション」から「マークアップ」を選んでも良い。
Using Collaboration Markup Feature for Mac and iPad 03

Quick Lookし、右上にある「マークアップ」ボタンをクリックする。
Using Collaboration Markup Feature for Mac and iPad 04

マークアップ画面に切り替わると、ボタン群の1番右にある「連携マークアップ」ボタンをクリックする。
Using Collaboration Markup Feature for Mac and iPad 01

同じApple IDアカウントに紐付けられたデバイスが一覧で表示される。Apple Pencilでマークアップをするため、11インチ型iPad Pro(2020)を選択する。
Using Collaboration Markup Feature for Mac and iPad 02

デバイスを選択すると、iPadにマークアップ画面が表示される。Apple Pencilを使い書き込むと、瞬時にマークアップがMacの画像に反映される。
Collaboration Markup

僕は画像を装飾するために使用しているが、PDFファイルのサインや原稿の校正など、ビジネスシーンでも活用しそうな機能だ。MacとiPadが融合することはなさそうだが、代わりに連携マークアップを活用すればMacにタッチパネルがあるかのように操作できる。

MacとiPadの連携機能は、他にも沢山ある。僕はコピペした文章などを簡単に共有できる「ユニバーサルクリップボード」は毎日のように使っている。

関連情報
更新日2020年09月11日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. apple初心者

    便利な機能のシェアありがとうございます。
    質問なんですが、この機能が使用可能なのはjpegのみでしょうか?iphoneで撮った写真はHEICで保存されることも多いとおもうのですが、HEICファイルでは連携マークアップは(少なくとも私のmacでは)機能しませんでした。
    調べてもあまりその点について検討している方がいらっしゃらなかったので、よろしければコメントをお願いします。

「Macの使い方・設定」新着記事
トレンド検索