「MacBook Air」がノートパソコンを再定義してから10年、未来はどうなる

Aleksi tappura 370 macbookair unsplash

MacBook Air」が10歳の誕生日を迎えた。米国時間2008年1月15日、サンフランシスコで開催された「Macworld 2008」にて、故Steve Jobs氏が壇上で披露してから10年が経った

その薄さと軽さをアピールするために茶封筒から「MacBook Air」を取り出す姿を覚えている人も多いはず。その後、茶封筒を再現したケースが話題となった。今でも同様の製品が12インチ型MacBook用として販売されている。

11インチ型「MacBook Air」が2016年10月28日に販売終了し、現在は13インチモデルのみ販売中生産終了が噂されつつも、Appleは昨年6月にCPUをこっそりアップデートしたモデルを投入した。

この先、「MacBook Air」はどうなるのだろうか。

MacBook」に引き継がれた「MacBook Air」のDNA

「MacBook Air」という存在は「MacBook」が置き換えた、と見ている人も少なからずいるのではないだろうか。発売当初のパフォーマンスからグッと性能が向上し、今ではRAMも16GBまで搭載できるようになった。

外観も非常に似ている両モデルだが、実は未だに「MacBook Air」が今のMacBookシリーズの中で最も薄い、ということは知っているだろうか。確かに「MacBook」は「MacBook Air」のウェッジ型を踏襲しているが、わずか0.5mm、「MacBook Air」の方が”Air”なのだ。

MacBook Air
(13インチ)
MacBook
高さ 0.3~1.7 cm 0.35〜1.31 cm
32.5 cm 28.05 cm
奥行き 22.7 cm 19.65 cm
重量 1.35 kg 0.92 kg

「MacBook」は外観だけではなく、ポート数が限られている点など、初代「MacBook Air」と似ている部分が多々ある。

「MacBook Air」は1つのUSB 2.0ポート、Micro-DVIポートが1つ、ヘッドホン端子が右側に用意され、左側には少し奥まった位置にMagSafeが搭載されていた。

それまで常識だったCD/DVDドライブを廃止し、HDDだったストレージを容量が大幅に小さくなったSSDに変えた。しかも、当時の価格は1,799ドル。今で言うとMacBook Pro」の13インチモデルと同額だ。

MacBook Air same price as MacBook Pro Now 01

当時、「MacBook Air」はポート不足、価格の高さ、CD/DVDドライブ廃止による不便さが多くの批判にさらされていたが、その当時の非常識は今となっては常識に。ソフトウェアのインストールはオンライン経由で当たり前になり、音楽も動画もすべてiTunesをはじめとしたオンラインサービスで完結するようになった。

発表後、WindowsのノートPCも次々とウェッジ型を採用し、「MacBook AirのWindows版」が次々と登場。ノートパソコン業界に新風を吹き込んだ。

「MacBook」は「MacBook Air」以上にポートを削り、左にUSB-Cポート、右にヘッドホン端子をそれぞれ1つずつ配置するという、究極のシンプルさが追求されている。

まだまだUSB-Cは発展登場であるため、移行期の真っ只中であると言えるが、数年後の未来には「まだあの四角いUSBポートなんて使ってるの?」と言っている自分がいるかもしれない。

MacBook Pro」にも引き継がれた「MacBook Air」のDNA

「MacBook Air」のDNAを引き継いでいるのは「MacBook」だけではない。

2016年、「MacBook Pro」はメジャーアップデートされ、「Touch Bar」というあってもなくても変わらない機能を追加したモデルと同時に「Touch Bar」を搭載しないモデルを発表。

サイズを比較して見ると、実は最厚部は「MacBook Air」よりも薄く、幅、奥行きも一回り小さい。重さも20差しかなく、事実上、「MacBook Air」を置き換える存在となった。

MacBook Air
(13インチ)
MacBook Pro
(13インチ)
高さ 0.3~1.7 cm 1.49 cm
32.5 cm 30.41 cm
奥行き 22.7 cm 21.24 cm
重量 1.35 kg 1.37 kg

「MacBook Air」の薄さをさらに追求した「MacBook」、パフォーマンスに加えてRetinaディスプレイを搭載した、ハイスペックを求めるユーザー向けに「MacBook Pro」という2種類のモデルが用意された今、「MacBook Air」の役目はもう終わったかもしれない。

もちろん、今でも「MacBook Air」は素晴らしいデバイス。ただ、既に代わりとなる存在がいると言うのも、事実。

ノートパソコンを再定義した「MacBook Air」の引退はもう目前なのかもしれない。

もっと読むMacBook Airまとめ
Apple新学期を始めようキャンペーン