ドコモ、新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」発表に伴い、「docomo with」や「月々サポート」は5月末に受付終了へ

Docomo new pricing plan

ドコモは新料金プランとして「ギガホ」「ギガライト」を正式に発表した。同時に「データプラス」「ケータイプラン」「キッズケータイプラン」とともに2019年6月1日(土)から提供開始する。

新料金プランは、家族間国内通話※1無料の音声プラン、spモード、データ通信をワンパッケージにした料金プラン。外出先でも動画などのデータ通信が多い方向けの「ギガホ」、メールやSNSの利用が中心でデータ通信が少ない方向けの「ギガライト」の2つから選ぶことができる。

「ギガホ」と「ギガライト」、2台目がお得になる「データプラス」

ギガホ:月額6,980円で30GBのデータ量が利用できるプラン

「ギガホ」は月間30GBのデータ量が利用可能になる、月額6,980円の料金プラン。「みんなドコモ割(3回線以上)」適用の場合、月額5,980円で利用可能。

利用可能データ量の上限到達後は、従来の送受信時最大128kbpsと比較して約8倍の速度の送受信時最大1Mbpsになることが特徴の1つ。

Gigaho

2019年9月30日(月)までに「ギガホ」に加入すると、「ギガホ割」が適用され、最大6か月間月額4,980円から利用することができるキャンペーンも開催されている。

ギガライト:利用データ量に応じて料金が変動するプラン

「ギガライト」は、利用データ量に応じて料金が段階的に適用されるプラン。「みんなドコモ割(3回線以上)」適用の場合、月間利用データ量が1GB以下の場合は月額1,980円となり、従来の料金プランよりも最大4割安くなる。

Gigalight

「データプラス」「ケータイプラン」「ケータイプラン」、終了する割引サービス

1人で2台利用する場合、月額1,000円で「ギガホ」もしくは「ギガライト」のデータ量を利用できる「データプラス」、ドコモケータイ(ガラケー)を月額1,200円で利用できる「ケータイプラン」、キッズケータイが月額500円で利用できる「キッズケータイプラン」も提供される。

New Pricing matome
2年定期契約(自動更新・解約金あり)の場合の料金

また、音声通話は家族間国内通話無料、家族以外への国内通話は20円/30秒で利用可能。「ギガホ」「ギガライト」「ケータイプラン」は、国内通話かけ放題となる「かけ放題オプション」、1回あたり5分以内の国内通話が回数の制限なく無料となる「5分通話無料オプション」から選ぶことができる。

新料金プランの提供開始に伴い、「カケホーダイ&パケあえる」のFOMA、Xi料金プランおよび「docomo with」などの割引サービス、「月々サポート」、「端末購入サポート」などの割引サービスは、2019年5月31日(金)をもって新規受付を終了する。

「スマートフォン」新着記事
トレンド検索