新型AirPods Pro、2種類のサイズを用意か

H1チップではなく「W2チップ」を搭載する可能性

Alejandro luengo CCbxJI3Y2xA unsplash

新型AirPods Proは、サイズが2種類用意される可能性が有る。事前にApple製品の部品をリークした実績を持つMr·white氏が、新型AirPods Pro用とされる、長さの異なる2つの部品写真を公開した。

「未だにW2チップを搭載している」と指摘しているが、AirPodsシリーズは、いずれもW1チップの改良版にあたるH1チップを内蔵。AirPodsシリーズには「W2チップ」は搭載されておらず、Mr·white氏の真意は不明だ。

噂によると、2021年前半にはAirPods 3、後半にはAirPods Pro 2が発表

新型AirPods Proは、”うどん”などと揶揄されてきた柄の部分を完全に排除し、「ユーザーの耳を塞ぐ、より丸みを帯びた形」で、2021年後半に登場すると噂されている。

またAppleはAirPodsの通常モデルを2021年前半に発表する可能性がある。AirPods Proに似たデザインを採用し、イヤーチップは交換可能になるが、ノイズキャンセリング機能などは対応しないという。

これまでのニュースをチェックする

7本の記事を表示する
関連キーワード
公開情報
更新日2020年12月30日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「AirPods」新着記事
トレンド検索