これがAirPods Pro 2?心拍センサー搭載、USB-Cポート採用か

新型AirPods Proのレンダリング画像や仕様の情報がリーク

AirPodsPro2 Rendering Leak by 52Audio

52audioより

新型AirPods Pro(AirPods Pro 2)は、LightningポートではなくUSB-Cポートを搭載する可能性がある。52audioが、AirPods Pro 2」の仕様とともにレンダリング画像を公開している。レンダリング画像は、MacRumorsが昨年10月に公開したものと完全に一致している。

AirPods Pro 2」は、自己適応型アクティブノイズキャンセリング機能を可能にするApple H1チップの改良版を搭載し、探す機能に対応。心拍数が計測でき、高速充電に最適化されたUSB-Cポートを搭載するという。

デザイン変わらず、音質は改善に期待。心拍センサーは体温も計測可能か

一部では製品発表当初に”うどん”と揶揄されていたステム部分の廃止が噂されていたが、レンダリング画像では既存デザインと大きく変わらない。マイクなどはAirPods(第3世代)の配置が採用されている。

「自己適応型」と説明されたアクティブノイズキャンセリング機能の詳細は不明だが、機能の精度向上は期待できる。音質や音響特性はAirPods(第3世代)を踏襲し、高振幅ドライブユニットおよびハイダイナミックレンジアンプで繊細な音質を実現する。空間オーディオやダイナミックヘッドトラッキングなどはサポートする。

新しいApple H1チップは、性能の向上および電力効率の改善が期待できる。心拍数の計測は、イヤホンに追加された心拍センサーで実現。センサーは体温検知をサポートする可能性もあるが、正式発表まで実装されるかはわかっていない。

充電ケースに補聴器機能用のマイク搭載。スピーカーは探すアプリ用

外観の変化が最も大きいのは、充電ケースだ。豚鼻のような形状を持つ右側面の穴は、ストラップ用ではない。補聴器機能用のマイクとなっており、ケースから取り込んだ音を装着者の耳元に送る目的で使用される。底面にはスピーカーグリルがあり、紛失した場合は探すアプリから音を鳴らせる。

AirPodsPro2 Rendering Leak by 52Audio 2
52audioより

端子はUSB-Cの採用を伝えているが、レンダリング画像はLightningが引き継がれているように見える。Apple情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏は、Lightningポートの搭載を予測している。

AirPods Pro 2、年内に発表・発売か

AirPods Pro 2」は、年内に発表および発売されると噂されている。価格情報は現時点で報じられていないが、少なくとも国内では円安の影響で数千円以上の値上がりが予想される。

(Source: 52audio via 気になる、記になる…

AirPods Pro 2の噂

5本の記事を表示する
公開情報
更新日2022年06月25日
コメント(6件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:628594)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:628491)
    探す機能で音を鳴らすにしてもAirTagのように穴無しでできそうだし、補聴機能用にしたってイヤホン側だけではダメなんかいな?これじゃ補聴じゃなくて盗聴にならんかね?

    現状でもライブリスニング機能でiPhoneを別の場所に置けば盗聴に利用できてしまうって言われてますね。

  2. 自分のことをアーニャと思い込んでいるおっさん(コメントID:628573)

    アーニャ知ってるこれガチ

  3. 通りすがりの読者(コメントID:628491)

    探す機能で音を鳴らすにしてもAirTagのように穴無しでできそうだし、補聴機能用にしたってイヤホン側だけではダメなんかいな?これじゃ補聴じゃなくて盗聴にならんかね?

  4. 通りすがりの読者(コメントID:628482)

    iPhone14シリーズがTYPE-Cに変わるなら変わるだろうけどLightning継続が有力だしこっちもLightningな気がします
    iPhoneで使ってる人が大多数でしょうし

  5. 通りすがりの読者(コメントID:628473)

    ハイだな

  6. 通りすがりの読者(コメントID:628461)

    豚鼻w

「AirPods」新着記事
トレンド検索