2種類の「AirPods 3」、早ければ2019年末までに発売か

AirPods 2nd Generation 2019 Review 24

AirPods 2」が発売されたばかりではあるが、9to5Macによると、2019年第4四半期(10〜12月)または2020年第1四半期(1〜3月)までに「AirPods」の新モデルが2種類発売されるとTFIアナリストのMing-Chi Kuo氏が予想している。

上位モデルにはノイズキャンセリング機能を搭載か

Kuo氏によると、発表される2種類の「AirPods」のうち、一方は現行モデルのアップグレードモデルとして位置づけられ、もう一方は完全に新しいデザインを採用したモデルとなり、より高い価格帯で販売されると指摘している。

現行モデルと同じデザインを作用するモデルは価格帯も同じになるとのこと。これがワイヤレス充電ケースモデル(税別22,800円)のことを指しているのか、非対応のモデル(税別17,800円)を指しているのかは分かっていない。

気になるのは、完全にデザインを刷新したモデルだが、詳細については明らかになっていない。Digitimesによれば、次期モデルはノイズキャンセリング機能に対応し、台湾のInventec社が主要サプライヤーとして製造を担当し、中国のLuxshare Precision社が一部受注すると伝えている。

これまで「AirPods 2」で実現すると言われて実現しなかった噂を振り返ると、ブラックモデルの用意、音質が改良、グリップ力が改良されるコーティングの採用、ヘルスケア機能の対応防滴仕様などがある。

今回報じられているノイズキャンセリング機能についても、2018年3月時点でBarclaysのアナリストBlayne Curtis氏が対応を予想していた

現実的に考えると「AirPods 2」が発売されたばかりなので、Kuo氏の予想に則って考えるとすれば次期モデルは2020年3月までに登場する可能性の方が高そうだ。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「AirPods」新着記事
トレンド検索