実際に動作する、超巨大なAirPodsが登場

耳には入らないが、音は本当に出る

Gigantic AirPods Made by 3d Printer

今年は「AirPods 2」と「AirPods Pro」という2種類のApple純正完全ワイヤレスイヤホンが登場したが、AirPodsのビッグウェーブに乗って今度は超巨大な「AirPodsが登場した。

どれぐらい巨大かというと、”うどん”と揶揄されていた柄の部分を片手でガッツリ握れるぐらい。節子、それAirPodsやない……。

3DプリントされたBluetoothスピーカー、制作時間は合計20時間

投稿元のRedditによると、本体の長さは約10インチ(約25センチ)あり、単なるAirPodsの見た目を再現しただけではなく、Bluetoothスピーカーとしても実際に動作する。実際に音を出している動画は以下:

3Dプリンターで制作され、メッシュ部分は窓用の網戸を使って再現したという。モデリングするのに5時間、実際に印刷するには15時間もかかったそうだが、制作したAaron B氏は「意外と簡単だった」と涼しい顔。

同じものを3Dプリントしてみたい人のために、わざわざCADデータを公開している。

今回制作したのは左耳用のみなので、厳密には「AirPods」ではなく「AirPod」。左側を優先した理由は特になく、今後右耳用も制作する予定だとコメント欄で語っている。

(Source: Mashable via 気になる、記になる…

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「AirPods」新着記事
トレンド検索