娘が1歳半にして、ようやく1人で歩けるように(パパ、感動の嵐)

Walking together with my daughter 01

書きたいことは山ほどあるのだが、書く時間が確保できずにまた数ヶ月立ってしまったが、ビッグイベントが起きたので記録として残しておきたいがゆえに無理やり書く!

娘がついに1人で歩けるようになった!数日前に突然歩くようになり、最初は4歩、その後6歩、と少しずつ歩数を増やし、まだまだ長い距離は歩けないものの本人は歩いていることを相当楽しんでいるようで、毎回満面の笑みで向かってくる。

歩けるようになることが嬉しくもあり、少し寂しくもある

ニコニコしながら僕の方に向かって歩き、僕の胸めがけて倒れ込むという。パパ、胸ズッキューン。可愛すぎて変な声出た。

少し歩けるようになったので、公園でも歩かせてみた。まだ自分では歩くのが怖いみたいだが、そのお陰で早々に娘と手をつないで歩く、という僕の夢が実現できて、パパ感動。はぁ、幸せ。

ただ、意外と歩けるようになったらなったでちょっぴり寂しかったりもする。まだ歩きが安定していないので、ある程度距離がある移動はハイハイに切り替えて床を高速移動するが、これがあと数週間も経てば見れなくなると思うと、寂しい。

1歳半で歩けるようになるのは一般的には少し遅い方だと思うが、それでもすごく子供の成長が早く感じる。ダメだ、書いててなぜか感動で泣いちゃう。

自分が子供を持つと、自分の親に優しくなれるというのは本当だと思う。僕の両親はまだまだ2人ともバリバリ元気だが、元気なうちに親孝行も忘れずにしていきたいな。

あわせて読みたい