【非公式】iPhoneが感圧タッチに対応したらこの機能、使いたい!コンセプトムービーが公開

Force Touch Concept
次期iPhoneは感圧タッチディスプレイを搭載すると言われている。だが、実際に搭載した場合、どのように活用することができるのだろうか。

Maximilian Kienerさんが感圧タッチに対応したiPhoneのコンセプトムービーを公開されていたので、紹介する!

コントロールセンターのボタンを強タップで詳細設定へ

一見、本当に「iPhone 6」が感圧タッチに対応したように見えるが、これはあくまでもHTML・CSS・JavaSciptを利用して作られたもの。

コントロールセンターを開き、普通にタップすればこれまで通りBluetoothのオン・オフを切り替えることができるが、感圧タッチに対応した場合、強タップで設定画面に直接遷移するということをイメージしている。特定のWi-Fiに接続したい場合、都度設定アプリを開くのは面倒なので、是非とも実現してもらいたい機能だ。

以下、どうぞご覧あれ!



以前、「iPhone 6s」に感圧タッチは「Apple Watch」や12インチ型MacBookにあるような「強く押す」ことによって特定の機能を呼び出すことができる仕組みとは異なる、と毎度お馴染みMing-Chi Kuo氏が予想していることが報じられていた。


具体的には「指が画面に触れる面積によってタッチの差を認識する」とのこと。これだけではイメージできないが、慣れるまで多くのユーザーが混乱しそうな機能になる予感。


(via Cult Of Mac

もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. MacBook Proの2017年モデルはRAMが32GBに、MacBookは16GBに?!
  2. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  3. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法