「iPhone X」風の「iPhone SE 2018」のコンセプトイメージ

Iphone se 2 concept image

すでにiPhone X」風の「iPhone SEとして「iPhone SE Plus」のコンセプトイメージが公開されているが、また新しいiPhone X」風の「iPhone SE」のコンセプトイメージが公開されている。

「iPhone SE」の筐体サイズを保ちつつ、「iPhone X」のようにセンサーハウジングを残したベゼルレスディスプレイを搭載。以前紹介したコンセプトイメージと異なるのは、デュアルレンズカメラの採用を見送っていること。


「iPhone SE」は「低価格」と「小型」の需要がある?

ベゼルレスディスプレイが「iPhone X」で実現されて以来、「iPhone 8 Plus」サイズのベゼルレスモデルよりも「iPhone SE」サイズのベゼルレスモデルを希望する声の方が多いような印象がある。

僕の周りでは「iPhone SE」のサイズが絶妙であることを理由として挙げていることが多いが、低価格であることを理由として「iPhone SE」を選んでいる人も少なからずいるはず。

「iPhone X」が安くても11万円以上することを考えると、「iPhone X」のハードウェアを実現した「iPhone SE」も価格が大幅に値上げすると予想され、現在、「iPhone SE」が満たしている「低価格」「小型」という2つの市場の一方を切り捨てることになる

Appleが今後4インチモデルの筐体サイズを作り続けるかどうかは分からないが、仮に実現されるとしたら「低価格」の条件を満たすことができるようになるまで待つことになりそうな予感。

もし、このような端末が登場したら、買いますか?以下のTwitterアンケートでお答えください!

(via 9To5Mac

あわせて読みたい