感圧タッチディスプレイ搭載の次期iPhone、生産開始か?!

iPhone6.jpg
例年通りだとすれば次期iPhoneが発売されるまで約3ヶ月。そろそろサプライチェーンなどが動き出す時期なのかもしれない。


Bloombergによると、Appleは感圧タッチディスプレイを搭載した次期iPhoneの生産を開始していると報じている!

Apple Watch」と同じ「強く押す」機能を用意

次期iPhoneは俗にいう「s」系アップデートだ。「iPhone 5」から「iPhone 5s」へのアップデート時には「Touch ID」が注目機能だったように、今年発表される次期iPhoneは「iPhone 6/6 Plus」と見た目がほとんど変えずに感圧タッチディスプレイが注目機能になりそうだ。

実際、Bloombergも今年は4.7インチモデルと5.5インチモデルが用意され、外観はほぼ同じだと伝えている。唯一異なるのは「Apple Watch」に初めて搭載された感圧タッチに対応すること

具体的にどのような機能が利用できるようになるのかは不明だが、以前報じられた情報によると「パワーユーザー向け」の機能になるとのこと。指が画面に触れる面積によってタッチの差を認識する、「Apple Watch」とは少し異なる感圧タッチになるとも噂されている。

次期iPhoneは9月頃に発表・発売される見通し。最近ではローズゴールドモデルが追加されると噂されていた。

(via MacRumors

もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. MacBook Proの2017年モデルはRAMが32GBに、MacBookは16GBに?!
  2. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  3. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法