レノボ、4月から社内編成をハイエンド「Think」とローエンド「Lenovo」の2グループ制に!

Lenovothink 【img via Engadget Japanese

会社のPCと言えば「Thinkpad」と言うイメージがあるのは、僕だけだろうか。

Engadget Japaneseによると、4月からレノボは社内を「Think Business Group」と「Lenovo Business Group」に編成を分けると報じている!


「Think」を強化するのはAppleに対抗するため?

レノボ製品にはそれほど詳しくはないが、どうやら現在のラインアップは位置付けが曖昧な製品が多いらしい。4月以降はローエンドからメインストリームの製品、タブレットスマートフォンは「Lenovo Business Group」、ビジネス向けとハイエンド製品は「Think Business Group」が担当する、という棲み分けになる。

CEOである楊元慶氏は「レノボ最大のブランド資産であり、ハイエンド市場で唯一アップルに対抗しうる “Think” 」とコメントしているように、社内編成を実施することによって「Think」に注力し、Appleに対抗することが目的のようだ。

何を隠そう、僕が最初に手にしたノートPC「Thinkpad X40」、Macユーザーになる直前は「Thinkpad X60」を使っていた。僕は青春時代を共にしたブランドを応援している!!ビジネスユースとして多くの人に使われているレノボ製品が4月以降どのような展開を見せるかが楽しみだ!

レノボ、くれぐれもSamsungの様にならないように頼むよ!

(via Engadget Japanese

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. MacBook Proの2017年モデルはRAMが32GBに、MacBookは16GBに?!
  2. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  3. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法