Apple、「MacBook Pro」のビデオ問題に対し、無償の修正プログラムを実施へ

Glich MacBook Pro 【img via Cult Of Mac

大した作業をしていなかったのに「MacBook Pro」が突然再起動したり、ディスプレイがシマウマ模様になってしまうという人は、先ほどAppleが発表した修正プログラムの対象商品であるかを一度確認した方が良さそうだ!

Appleは以前からグラフィック関連の問題が報告されていた、2011年2月から2013年12月に掛けて販売された「MacBook Pro」に対し、無料の修正プログラム配布することが明らかになった!詳細は続きからどうぞ!

対象の「MacBook Pro」を持っている人は直してもらうべし!

発生している不具合について

対象となっている「MacBook Pro」は以下の症状が見られるとのこと。

  • コンピュータ画面のビデオ(画像)が歪んだり乱れたりする
  • コンピュータはオンになっているのに、コンピュータ(または外付けディスプレイ)の画面に何も表示されない
  • コンピュータが突然再起動する

対象となっている「MacBook Pro」

自分の持っている「MacBook Pro」が以下に含まれるのであれば修正プログラムが適用される。

  • MacBook Pro (15-inch Early 2011)
  • MacBook Pro (15-inch, Late 2011)
  • MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2012)
  • MacBook Pro (17-inch Early 2011)
  • MacBook Pro (17-inch Late 2011)
  • MacBook Pro (Retina, 15 inch, Early 2013)

もちろん、上記デバイスを保有していても報告されているような不具合が見られない場合は修正プログラムに参加する必要はない。

修正手続きの内容

該当する場合、当然なるべく早く直してもらいたいはず。この修正プログラムはアメリカとカナダでは2月20日から受け付け開始され、他の国は2月27日から開始されるとのこと。

本体を持ち込んで修理してもらう場合と、配送して修理する方法がある。店頭持ち込みの場合は在庫状況や空き状況によって修理期間は左右するとのこと。配送の場合は5〜7日間掛かると明記されている。

いずれの場合もバックアップを取ることを忘れずに!詳細はこちらからどうぞ

I-O DATA USB 3.0/2.0接続【家電対応】外付ハードディスク 3.0TB HDC-LA3.0
アイ・オー・データ (2014-04-04)
売り上げランキング: 7

オススメ
Glich MacBook Pro

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 「iOS 10.2 Beta 7 / Public Beta 7」、配信開始
  3. App Store、2016年11月に過去最高の売上高を記録
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. ポケモンGO、新ポケモンの追加を12月12日に発表することを正式に予告