画面の広さは正義!「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル(Late 2013)」の15インチモデルを購入した!

Macbook pro retina 15inch
独立してからひたすら自宅に引き篭もって「Mac mini」と「MacBook Pro Retina」13インチモデルで作業するつもりが、幸いなことに色々なところから声を掛けて頂いたり、ランチや飲みに誘って頂いたりと、思いの外外出する機会が多い今日この頃。自宅では27インチディスプレイと24インチディスプレイを並べて作業をしているため、いくら擬似解像度「1680×1050」になるとは言え、13インチディスプレイは僕にとって狭く感じていた。


画面の広さは作業効率に比例する。画面の広さは正義だ。」どこかの偉い人が言っていた。

何事もそうだが、思い立ったが吉日!欲しいと思った時が買い時!今回、思い切ってMacBook Pro Retinaディスプレイモデル(Late 2013)」の15インチモデルを購入することにした!ベンチマークテストなどは後回しにするとして、まずはさらっと外観を紹介しておく!

確かに13インチよりは大きいが、慣れてしまえば気にならない?

まだ使い始めて数日しか経っていないため、持ち運びについてや重さなどの感覚値については紹介できないが、一先ず分かり切った外観を紹介したいと思う!

今回購入したモデルのスペックは以下の通り:

  • モデル:15インチ
  • CPU:2.3GHz Intel Core i7
  • RAM:16GB 1600MHz DDR3
  • SSD:512GB
  • 備考:USキーボード

15インチということで箱そのものが非常に大きい。横幅だけではなく縦幅もあるため、全体的に大きく感じる。
Macbook pro retina 15inch
ただ薄さは健在。光学ドライブが搭載されていた時の「MacBook Pro」13インチモデルとほとんど変わらない重さだ。かつて光学ドライブ付き13インチモデルを使っていた身としては感慨深い。
Macbook pro retina 15inch
MacBookはどのモデルもラインが美しい。この角度が特に好きだ。
Macbook pro retina 15inch
リッド部分。僕が使っていたアルミボディになる前の15インチモデルはここがボタン式だった。懐かしい…。
Macbook pro retina 15inch
左側には「MagSafe 2」「Thunderbolt 2」端子が2つ、「USB 3.0」ポートが1つ、ヘッドフォンジャックとデュアルマイクロフォンが設置されている。
Macbook pro retina 15inch
右側にはSDXCカードスロット、HDMIポートが1つ、「USB 3.0」ポートが1つ。
Macbook pro retina 15inch
後ろはいつも通り。
Macbook pro retina 15inch
新品のMacを購入した時のこの薄い紙を剥がす時がたまらなくテンション上がる!ヘタしたら箱を開けた時よりもテンションが上がるかもしれない!ひゃっほう!
Macbook pro retina 15inch
Time Machineを使って13インチモデルからデータをさくっと引き継ぎ早速日々使っているが、快適だ。大画面はやはり想像していた通り、物凄く快適だ。これならば出先で作業するときも「画面が狭い…」と悩むこともなくなりそうだ!

今後は15インチに乗り換えたからこそ設定した項目、内部スペックやベンチマークテストスコア、購入した持ち運び用のケースや保護フィルムなどを紹介したいと思う!

なお、「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」の購入に興味がある人はApple Online Storeからどうぞ!

 新しいMacはCPUやRAMが自由にカスタマイズできるApple公式サイトから購入するべし!

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  2. 15インチ型「MacBook Pro」の動画編集性能を2016/2015モデルで比較ーーFinal CutとPremiere Pro
  3. 【レビュー】実際どう?超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」が彩る自宅の白壁(2/3)【Sponsored by Sony】
  4. 【サイバーマンデー】Amazon年内最後のビッグセール4日目の特選品
  5. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!