「OS X Mavericks」が正式に発表!Finderのタブ化やタグ付けなど、最新Mac OSの注目機能10個をまとめておく!

OS X Mavericks
WWDC2013で発表されることが予告されていた次期Mac用OS「OS X Mavericks」が正式に発表された!

Apple自ら事前に告知していたこともあり、内容は盛り沢山!大きな目玉機能があるというよりは細かい使い勝手をこれまで以上に研ぎ澄ましたような印象を受けた発表内容だった。

WWDC2013で取り上げられていたOS X Mavericks」注目の10個の機能についてまとめておく!

そもそも論:「Mavericks」って何?

これまで何かとネコ科の名前を採用してきたMac OS X。「Cabernet」というコードネームで開発されているという噂も上がっていたこともあり、ついにネコ科を脱すると言われていたが、見事世間の予想は的中。

では、あまり耳馴染みのない単語「Mavericks」とは一体何なのか。Macに内蔵されている辞書には以下のように書かれている。

他人と異なる考え[行動]をとる人; 一匹狼(おおかみ), 異端児.


ふむふむ。これまでのネーミングを継がない時点ですでに「異端児」のオーラを感じるね!

「OS X Mavericks」の注目機能10個

それではMavericksの意味が分かったところで、WWDCで発表された注目の機能を簡単に解説しておく!

Finder Tabs

Finder
個人的には待望とも言えるFinderをタブ化する機能。複数のタブを1つにまとめることが可能になるため、Finderをブラウザのような感覚で使うことが可能に!バラバラになっているFinderをワンクリックで1つにまとめる機能はかなり便利そうだ!

Tags

Tags finder
OS X Mavericksではファイルのタグ付けに対応する。ドキュメントからアプリまで好きなようにタグ付けをしてFinderで同一タグのファイルを表示することが可能になる。

タグは以下のように表示される。ファイルの整理整頓にこだわる人はとても役立ちそうだ!
mavericks tags

Multiple Displays

Multiple displays menus
これでようやくデュアルディスプレイ環境でのフルスクリーンモードが使いやすくなる

各画面ごとにメニューバーが表示されるため、ディスプレイ間を行ったり来たりする必要がなくなる。片方の画面でフルスクリーンモードにしていても、別ディスプレイで他のアプリを起動することも可能になった。Apple TVを持っている人であればAirplayを介してHDTVをサブディスプレイ代わりにすることもできる。

iCloud Keychain

Icloud keychain password
現時点では1Passwordが提供しているサービス内容をAppleが自らOSに組み込んできた!

iCloudを介してパスワードの保管や管理を可能にする「iCloud Keychain」。安全なパスワードの発行もしてくれるため、ID/PASSが必要なウェブサービスでもいちいち思い出そうとしなくてもiCloudが代わりに覚えておいてくれるのだ。便利そうだが、本当に安全なのか気になるところ…。

iBooks

Ibooks ibookstore
MacでもiBooksとiBookstoreが提供されることになった。iPhoneやiPadで途中まで読んだ書籍をMacで続きから読むことができるようになった。

Maps

Maps
地図アプリもMacにやってくる!リアルタイムの交通情報表示やブックマーク機能、3D表示も素晴らしいが、個人的に一番重宝しそうなのはiOSデバイスに地図をワンクリックで送る機能。

このように地図を選択して送ると…
WWDC2013
このようにして自分の端末に地図を送ることができる!これは確実に便利ではないか!いいね!
Sending maps

Calendar

Calendar
カレンダー最大の特徴はデザインがシンプルでメタリックになった点だろう。無限スクロールにも対応したのでページの切り替えがスムーズになるようだ!

Safari

Safari
何かと期待外れであることが多いSafariだが、Appleによると今回も性能が大幅に向上したそうだ。
Safari Mavericks
具体的に競合ブラウザと比較すると、CPU利用率に関してはFirefoxの3分の1。
Wwdc2013 0205
Javascriptのベンチマーク結果によるとFirefoxの3.8倍も高速らしい。本当かな…。
Wwdc2013

Notifications

Notifications
メールやメッセージの通知をつけた場合、今後は直接通知をクリックして返信することができるようになる。いちいちアプリに遷移する必要がなくなったため、受信した瞬間に返信することが可能に!メールホリックになりそう…。

Advanced Technologies

Battery consumption
「OS X Mavericks」の特徴は機能だけではない。電池持ち向上に大きく貢献してくれそうな設計になっている。なんとCPUの使用率を最大72%まで抑えることに成功したようだ!72%って…。
Wwdc2013
起動しているだけのアプリをスタンバイ状態にさせる「App Nap」モードもバッテリー消費を抑えることに貢献している機能の1つ。
App nap
スタンバイ状態からの復帰もMountain Lionに比べて1.5倍早くなったそうだ。開いた瞬間に作業を再開できる快適さは想像するだけで最高だね!
Wwdc2013

「OS X Mavericks」でMacがさらに便利に!

以上がWWDC2013で発表された次期Mac OS「OS X Mavericks」の注目機能10個。個人的には出先で作業することも少なくないので電池持ちが向上するのは非常に嬉しい!

正式なリリースは秋頃となっているが、本日より開発者向けにβ版がリリースされているようだ!気になるデベロッパーは早速試してみるべし!

【 #WWDC2013 情報はここを見ればOK!】発表されたMacBook Air、Mac Pro、iOS 7、OS X Mavericksに関する記事まとめ! | gori.me

(images via AppleThe VergeGizmodo

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  2. 15インチ型「MacBook Pro」の動画編集性能を2016/2015モデルで比較ーーFinal CutとPremiere Pro
  3. 【レビュー】実際どう?超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」が彩る自宅の白壁(2/3)【Sponsored by Sony】
  4. 【サイバーマンデー】Amazon年内最後のビッグセール4日目の特選品
  5. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!