ドコモ・KDDI・ソフトバンク、「2年縛り」満了後の自動更新廃止へ

docomo-kddi-sbm.png
予想通りの結果になりそうだ。仲良しこよしの国内3キャリアは同じ方針を打ち出すようだ。

日本経済新聞によると、ドコモ・KDDI・ソフトバンクは「2年縛り」の契約を緩和し、2年間契約満了後、いつ解約しても違約金が発生しない新しい料金プランを導入する方針であると報じている!

新料金プランの月額費用、現行よりも割高になる可能性

ユーザーを2年間縛ることを条件として提供されている現行の料金プラン。契約満了後の料金プランについて、ドコモは2年縛りのプランと比べて数百円程度高くなると報じられていたが、KDDIとソフトバンクもこの方針に追随する可能性があると見られる。

つまり、2年間の契約満了後のユーザーが選択できる新料金プランは2年縛りが解放される代わりに月額料金が高くなるということだ。結局、ユーザーの自由度はも変わっていない。

料金を抑えたいのであればよほど気に入った端末がない限り、キャリアで契約する理由が見当たらなくなってきた。現在、MNPがお得になる「春の毎月1GB無料キャンペーン」を実施しているFREETELに乗り換えた方が毎月の支払は安く済むだろうなあ。

2年縛りと自動更新について

 SIMフリーのiPhoneはApple公式サイトから購入するべし!

  • 学生・教員・PTA役員限定 ▶ 学生・教員向けストア

  • (via 気になる、記になる…

    あわせて読みたい

    gori.meの最新情報をチェック!!

    1. MacBook Proの2017年モデルはRAMが32GBに、MacBookは16GBに?!
    2. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
    3. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった
    4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
    5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法