Volkswagenが「iBeetle」を公開!名前ほどの機能性はなく、あるのはiPhone専用ドックのみ…

iBeatle 【img via Cult Of Mac

Appleが「iCar」を作ったら買いたいと言う人はどれぐらいいるのだろう。

Volkswagenが上海モーターショーにて「iBeetle」を発表したそうだが、多くのAppleファンには期待外れの内容だった。「iBeetle」と呼ぶほどの機能は搭載されておらず、単にiPhone専用ドックが用意されているだけのようだ…。

ハンズフリー通話、音楽の再生、ナビなど…

Autoblogが掲載していたプレスリリースによると、「iBeetle」はナビとして利用できる他、ハンズフリーの通話や音楽操作が可能。燃料情報や走行距離なども管理することができるそうだ。

iPhone専用ドック以下のようにダッシュボードの中央に設置されるそうだ。

iBeatle 【img via Cult Of Mac

正直なところ、用意されている機能はサードパーティ製の車内用ドックを設置して使える機能とほとんど変わらない。ハンドルから多少操作できたとしても今後Siriの発展によって直接操作する必要性自体なくなると考えると、Appleファンにはそれほど魅力的に映らないだろう。

Volkswagenが好きでない限り、あえて自分の今の車を売り払ってでも買うほどのものではないかな。



(via Cult Of Mac

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【非公式】「iPhone 8 – ‘X’ Edition」のコンセプトイメージが公開ーーこれまで報じられている噂を反映
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. タイプライター風のMac用ワイヤレスキーボード「lofree」、登場!Magic Keyboardと同じレイアウト
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!