Apple製品の平均寿命は4年3ヶ月?分析結果が明らかに

Igor son 285029 macbook applewatch and iphone

高い買い物をする時、「これを◯年使えば、実質毎年☓円になり、つまりそれは毎月△円になり、毎日□円になる」という計算をしたことは無いだろうか。つまり、高い買い物であればあるほど長く使い続けた方がお得になる、という考え方だ。

Apple製品はどれを取っても非常に高価だが、どの程度持つのだろうか。AsymcoのアナリストHorace Dediu氏の調べによると、Apple製品の平均寿命は4年3ヶ月であることが明らかになった!

販売された台数=使用されなくなった台数になるまでの期間

同氏の調べによると、Appleが2013年第2四半期に販売したデバイス数と2017年第4四半期に使用されなくなったデバイス数が一致していることから、これらの期間をApple製品の平均寿命として算出している。

それが、4年3ヶ月。これはiPhone、Mac、iPad、Apple Watchなどすべてのデバイスが含まれる。

Apple Device Lifetime Span

この算出方法によると、Appleの製品寿命は年々伸びていることも明らかになっている。
 
この計算は、2018年度第1四半期(2017年10月〜12月期)の決算発表においてアクティブデバイス数が13億台を突破したことを明らかにしたことから、過去に発表されている四半期ごとの製品販売台数と組み合わせ、導かれたという。

具体的にどの製品が長く使われ続け、どの製品が買い替え頻度が高いのか、気になるところ。イメージではiPadMacは平均より遅く、iPhoneApple Watchは平均より早く買い換えられているのではないかと予想している。

(via The Next Web

あわせて読みたい