Apple、正体不明のワイヤレスデバイスを再度FCCに申請

FCC strange wireless device

Appleがまたしても正体不明のワイヤレスデバイスをFCCに申請している。モデルナンバーは「A1845」。初めて通過した時は「A1844」、2回目は「A1846」だった。

申請書類には具体的な外観などが分かる情報は一切ない。当初は新型「Apple TV」である可能性が疑われていたが、そもそも消費者向けの製品ではなく、Apple直営店などに設置されるiBeacon関連商品という可能性の方が高そうだ。

事実、Appleは顔認識機能を搭載した「Amazon Echo」対抗デバイスを発表すると昨年5月に報じられていたが、そのような新製品が登場するという噂は今のところ報じられていない。

(via MacRumors

あわせて読みたい