Wunderlist、2020年5月6日をもって正式にサービス終了へ

2015年にMicrosoftに買収されて以来、ゆるりゆるりと続いていたタスク管理アプリがついにシャットダウンする

End of Wunderlist

Microsoft2015年に買収したタスク管理アプリの「Wunderlist」は2020年5月6日をもって正式にサービスを終了することが発表された。

すでに同アプリの主要機能はMicrosoftのタスク管理アプリ「Microsoft To-Do」に移植されている。移行がしやすいようにインポート機能も実装され、これまで「Wunderlist」にはなかった自分の予定が確認できる「My Day」やサジェスト機能なども実装されている。

人によっては「Microsoftのアプリなんて……」と斜に構えている人もいるかもしれないが、アプリのベースは「Wunderlist」なのでMicrosoftアカウントの作成を強制されることを除けば比較的スムーズに利用できる。引き続きiOSやAndroid、Mac、Windows、さらにはブラウザ上でも利用することができ、プラットフォーム関係なくタスクを管理することができる。

個人的には過去に一度「Microsoft To-Do」への移行にチャレンジし、「Wunderlist」と一部異なることに違和感を感じ戻ってしまったが、正式に終了することが決まった今、再度チャレンジしようと思う。万が一ダメだった場合は、大幅に機能が改良されたApple純正の「リマインダー」アプリへの環境移行も検討しようと思う。

関連キーワード
コメントを残す(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

コメント一覧(1件)
  1. 通りすがりの読者

    やっぱり終了しちゃうんですねー。早めに切り上げておいてよかった。

「Macアプリ関連情報・ニュース」新着記事
トレンド検索