Mac版「Wunderlist」のタスクデータを「Things 3」に移行する方法

Things 3 App

将来的に廃止されることが明らかになった「Wunderlist」からの乗り換え先としての最有力候補が「Things 3」。早速「Wunderlist」から移行してみたが、UIが分かりやすく同期もスピーディで、アプリの操作性もストレスなく使うことができている。

Mac版「Things 3」には「Wunderlist」のタスクデータを数クリックで移行するためのツールが用意されている。非常に簡単なのだが、念のためにそのやり方を紹介する!

ファイル > 読み込む > Wunderlistから読み込む

作業自体は数クリックで終わる。まずは「Things 3」を起動し、メニューバーの「ファイル」から「読み込む」を選択し、「Wunderlistから読み込む」をクリック。
Exporting Wunderlist Data to Things3 03

下記のような画面が表示されるので、「Wunderlist」にログイン。
Exporting Wunderlist Data to Things3 02

移行する場合、「Wunderlist」からアカウントの詳細、リストとToDo、リマインダーを取得。アカウントの削除やパスワードの変更などは実施されない。問題なければ「承認」をクリック。
Exporting Wunderlist Data to Things3 01

データ量によって掛かる時間は前後するかもしれないが、すべてが完了すれば「Things 3」に「Wunderlist」のタスクデータが移行されているはず。

移行して唯一問題として残るのが、タスクに期限付きのものは「今日」というタグが自動付与されてしまうこと。これは期限がおかしくなったのではなく、「今日」というタグが追加されているだけなのでタグを削除すれば正常に戻るが、期限付きタスクを大量に設定している人にとっては少々面倒かもしれない。

僕自身はタスク付き期限が10個程度だったので手動ですべて修正し、無事完了!今のところとても気に入っているのでこのまま完全に移行する予定。気になる人はチェックしてみるべし!

App Storeで「Things 3 (iPhoneアプリ / iPadアプリ / Macアプリ)」をチェック!
あわせて読みたい