アシックス、「Runkeeper」の運営元であるFitnnessKeeperを買収

Runkeeper asics

僕の愛用しているランニングアプリがシューズメーカーの傘下に!

アシックスが全世界で3,300万人以上が利用する人気トラッキングアプリ「RunKeeper」の運営元であるFitnessKeeper社の全株式を取得し、子会社化したことを発表した

子会社化後もブランドは継続、開発スピードを向上

「Runkeeper」は買収後もこれまで通り継続される。それどころか、潤沢な開発費用が確保できたことによって開発スピードが向上できるようになるとコメントしている

興味深いことに、「Runkeeper」を使っているユーザーの中でもアシックスのランニングシューズを利用している人が圧倒的に多かったのだとか。なんという運命的なパートナーシップ……!

フィットネスアプリがフィットネスメーカーに買収されるという動きは昨年から多い。昨年、同じくトラッキングアプリを提供している「Runtastic」もアディダスに買収されている。

最近無酸素運動で基礎代謝の向上を図っているため走る機会が減ってきているが、走る時は「RunKeeper」は欠かせない。アシックスと手を組んだことによって今後もさらなる進化が期待できそうだ。

(via 9To5Mac

FOLLOW / 最新情報を購読