エンタメ・ホビー特化のフリマアプリ「メルカリ カウル」を提供開始

メルカリ カウル

メルカリは5月8日、家具や家電の地元フリマアプリ「メルカリ アッテ」に続き、メルカリの姉妹アプリとして、エンタメ・ホビー特化のフリマアプリ「メルカリ カウル」を提供開始したことが発表された

手数料は販売価格の10%。売上の引き出し手数料は、1万円未満の場合は210円、1万円以上の場合は無料となっている。

特徴は、出品したい本・CD・DVD/ブルーレイのバーコードを読み取るだけで、商品情報(タイトル・著者/アーティスト名・発売日・定価等)が自動で入力される手軽さ。売れやすい価格も過去の取引傾向から自動で提案されるため、価格を決めるのも簡単だという。

メルカリにも同時出品、今後は新刊の販売も予定

本・CD・DVD/ブルーレイを「メルカリ カウル」で出品すると、メルカリにも同時に出品される。より多くの人の目に留まることになり、売れやすくなるとのこと。

また、メルカリと連携することで、取引の際にメルカリでの過去の取引の評価を確認したり、「らくらくメルカリ便」を選択してお互いの住所や名前を知らせず取引可能な匿名配送も利用できる。

使い側としては、商品一覧画面で同じ商品の出品の中で最安値のみが表示される仕組みが便利。お得な出品を簡単に見つけられることができ、さらには「いいね」した商品の最安値が更新された場合はプッシュ通知で知らせてくれるため、見逃さない。

メルカリ カウル

「メルカリ カウル」では今後新刊の販売も行う予定があることも明らかにしている。

現在、メルカリでは1日に100万品以上の商品が出品され、月間流通額は100億円超に達する。その中で、本・CD・DVD/ブルーレイなどを含む「エンタメ・ホビー」カテゴリの出品は全体の22%を占めることから、特化アプリの提供を決めたとのこと。

現時点ではiOS版のみの提供となっているが、Android版も開発中となっていて6月には提供開始される見通し。

FOLLOW / 最新情報を購読