六本木の隠れ家、鉄板焼「きだんち」の5,500円コースが豪華すぎる!海鮮も肉も麺も米も美味い!

六本木の隠れ家、鉄板焼「きだんち」

「美味しい料理」を「こじんまりとしたカジュアル空間」で「モリモリ食べたい」。この3つの条件を揃えることの難易度は高い。

先日、同僚に連れて行ってもらった六本木にある「きだんち」は隠れ家的な鉄板焼。カジュアルに本格鉄板焼き楽しめるお店となっていて、旬の魚介やA5ランクの黒毛和牛を十分すぎるボリュームで堪能することができる。

料理が出来上がった状態で目の前に運ばれてくる安心感

店内はテーブル席2つとカウンター席のみ。お店の外観も目立たないひっそりとした佇まいとなっているため、最初に行くときは迷うかもしれない。

大きい鉄板を目の前に男3人で囲む。メニューはすべて手書きで味がある。
六本木の隠れ家、鉄板焼「きだんち」

注文したのは「きだんちコース」(5,500円)。2名以上で予約可能な合計6品が登場する。幅広く堪能できるのでおすすめだそうだ。まずは運ばれてきた「めちゃうまサラダ」。自家製香酢のドレッシングが特徴でファンも多いんだとか。
六本木の隠れ家、鉄板焼「きだんち」

次に「大人気の生うにたっぷり出汁巻き卵」。通常は「生桜海老たっぷりふわふわ出汁巻き卵 」だが、プラス600円で大量の生うにが卵で包まれるというけしからん料理に変身する。痛風パラダイスで美味しすぎた!
六本木の隠れ家、鉄板焼「きだんち」

さて、続いては「6種の本日入荷の海鮮焼盛り合わせ」。見てください、この量を!3人で行ったので各品3つずつ用意してくれている。アナゴやイカ、ホタテなど豪華すぎるプリップリの海鮮がジューシーな仕上がりで目の前に運ばれてくる。香ばしいことはもちろんのこと、その食感は期待を裏切らない。以下、写真でどうぞ!
六本木の隠れ家、鉄板焼「きだんち」

六本木の隠れ家、鉄板焼「きだんち」

六本木の隠れ家、鉄板焼「きだんち」

六本木の隠れ家、鉄板焼「きだんち」

六本木の隠れ家、鉄板焼「きだんち」

六本木の隠れ家、鉄板焼
「きだんち」

これは友人たっての希望で注文した「豚ホルモンキムチ焼き」(1,680円)。モリモリの野菜のにモリモリの豚肉とネギが大騒ぎ。見ての通りの美味しさ。味が濃いので思わずご飯を食べたくなる。
六本木の隠れ家、鉄板焼「きだんち」

次は本日のメインディッシュ用のポン酢ダレ。大根おろしと卵も入れてあり、お肉料理との相性は間違いないだろう。
六本木の隠れ家、鉄板焼「きだんち」

数分後、ついに「たっぷり100g!A5黒毛和牛を使った特選コロコロ焼き(お野菜&お豆腐)」が登場!お肉たっぷり、にんにくチップどっさり、もやしとネギもどっさり、そして肉の味を染み込ませていそうな雰囲気を醸し出している豆腐。
六本木の隠れ家、鉄板焼「きだんち」

追加で一品頼んだせいか、既にお腹がいっぱいだったがそれでもお肉は食べずにいられない。野菜もシャキシャキしていて美味しい……!
六本木の隠れ家、鉄板焼「きだんち」

そしてなんとここでシメの料理が!3人で行ったので「焼きそば(ソース・塩・しょうゆ・オイスター)」「お好み焼き(ソース味)」「ねぎ焼き(レモン醤油味)」「焼飯(ガーリックライス・シーフードライス)」「そば飯(牛スジ・キムチ入り)」から2品選ぶことができると言われたのだが、正直既に満腹状態。とは言えどれも美味しそうだったので、豚玉の焼きそばとシーフードライスを注文。

こちらが焼きそば。予想以上にお肉の量が多くて満足度が高かった。個人的には紅しょうがもどっさりと添えてもらっていたことがポイント高い。
六本木の隠れ家、鉄板焼「きだんち」

シーフードライスはこちら。こちらも海鮮がふんだんに使われていて、満足度高し!
六本木の隠れ家、鉄板焼「きだんち」

シメのデザートとしてジェラートを頂いた。僕はココナッツ。日替わりで味が変わるようだ。
六本木の隠れ家、鉄板焼「きだんち」

「きだんち」は六本木駅からは少し離れているが、そのお陰で素敵なこじんまりとした空間の中で美味しい料理を楽しむことができる。六本木で美味しい鉄板焼きが食べられるところを探している人は是非検討してみるべし!小さいお店なので、事前に予約はしておくことをおすすめする!

鉄板焼 きだんち

関連ランキング:鉄板焼き | 六本木駅麻布十番駅広尾駅