Google Chrome、標準でアドブロッカー(広告ブロック)機能を実装か

Alphabetはアドブロッカー(広告ブロック)機能をMac/PC版およびスマートフォン版の「Google Chrome」ブラウザに実装する計画があるWSJが報じている。デフォルトで有効化することができ、ユーザーエクスペリエンスを損なうと判断された一部の広告を排除することができるという。

このアドブロック機能は数週間以内に提供開始される可能性があるが、現時点では一部詳細を詰めている段階で、最終的には提供されない可能性もあると報じられている。

ウェブ広告が全て非表示になると焦ったウェブメディア運営者の皆さん、ご安心を。実際に実装された場合、ウェブ上の広告すべてが廃止されるのではなく業界団体「Coalition for Better Ads」が設定した基準や条件を満たさない広告が表示されなくなるようだ。

アドセンスはさすがに大丈夫……なはず……?

具体的にはポップアップなどの広告フォーマットやサウンド付き自動再生動画広告、大手メディアにありがちなカウントダウンタイマーを使用した全画面広告などが含まれるとのこと。

攻撃的な広告を掲載している場合はさらに注意が必要だ。Googleは攻撃的な広告をブロックするのではなく、攻撃的な広告を掲載しているサイト全体の広告をブロックするような仕様も検討していると伝えられている。

逆に言えば、Google内の厳しい審査基準を経て出稿が許可されるアドセンスを含むGoogleのアドネットワークがブロックされることは無さそうに思える。さすがに自社の広告プラットフォームを自社のブラウザで潰すことはさすがにしないだろう。

Googleの狙いは他社が提供するアドブロッカーを導入するぐらいならGoogle自身の提供するアドブロッカーを導入してもらい、ブロックされる基準を自分たちに決められるようにすることではないだろうか。

Mac/PC用のアドブロッカーは昔から拡張機能として提供されているが、最近ではスマートフォンにも提供が開始され、導入している人も増えている。

もっと読むGoogle Chromeまとめ
FOLLOW / 最新情報を購読