「Google Pixel 4」は次期iPhoneと同じ正方形のカメラユニットを搭載か

指紋センサーは搭載されず、画面内蔵型または顔認証に移行か

Pixel 4 rendering 1

Googleは毎年10月に同社のフラグシップスマートフォンの最新モデルを発表することが知られている。昨年は「Pixel 3」と「Pixel 3 XL」が発表されたが、今年は「Pixel 4」と「Pixel 4 XL」の登場が予想されている。

どうやらPixelシリーズの次期モデル、次期iPhoneに似たようなデザインになるかもしれない。背面にあるカメラユニットは正方形になり、2つ以上、場合によっては3つのレンズを搭載する可能性があると言われている!

OnLeaks氏ことSteve Hemmerstoffer氏がPricebaba.comを通じて「Pixel 4/Pixel 4 XL」のレンダリング画像を公開していたので、紹介する!

カメラはデュアルレンズまたはトリプルレンズになる可能性

Pixelシリーズと言えばiPhoneと違い、1つのレンズのみを使い機械学習を利用してポートレートモードを実現していることで知られているが、OnLeaks氏はGoogleの次期フラグシップモデルが最低でも2つのレンズ、可能性によっては3つのレンズを搭載する可能性があると指摘。

このレンダリング画像が事実だとした場合、2つ以上のカメラレンズを搭載するモデルは初めてとなる。

Pixel 4 rendering 2

また、「Pixel 4」シリーズには物理的な指紋センサーが搭載されていない模様。このことから、次期モデルは画面内蔵型の指紋センサーを内蔵しているか、iPhoneのような顔認証システムを導入している可能性がある。

スピーカー位置も変更され、底面にスピーカーグリルが2つ配置されているとのこと。音量ボタンは端末の右側に移動し、左側には物理ボタンが廃止されているとも伝えられている。

なお、画面上部にあるノッチは現行モデルと変わらないとのこと。3.5mmヘッドホン端子も搭載されていない。

噂によると、「Pixel 4」は「Qualcomm Snapdragon 855」を搭載し、RAMは6GBになると噂されている。

「Googleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索