iOS 15:アプリ間のドラッグ・アンド・ドロップに対応

ホーム画面でアプリを移動する仕組みとほぼ同じ、写真やファイルを指で移動できるように

AburaageFTHG9091 TP V

iOS 15は、アプリ間のドラッグ・アンド・ドロップに対応する。iPadは2017年にリリースされたiOS 11から提供されているが、iPhoneは4年越しに解禁される。

従来は、元のアプリでコピーし別のアプリを開いてペーストする必要があった。iOS 15からは、アプリで移動したいファイルをホールドし、別のアプリを開いてドラッグ・アンド・ドロップできる。

画像やファイルがドラッグ・アンド・ドロップ操作に対応

Drag and drop support on iphone

ドラッグ・アンド・ドロップに対応するのは、画像、ドキュメント、ファイル。以下は写真アプリの画像を選択してメールアプリに移動、Safariからメールアプリにテキストを移動する操作を実演している。

操作方法は、ホーム画面で複数のアプリを移動する仕組みと似ている。サードパーティアプリでの利用は、アプリ側がドラッグ・アンド・ドロップ対応を行う必要がある。1Passwordは対応を表明しており、保管したIDとパスワードを入力フォームのあるアプリにドラッグ・アンド・ドロップできるようになる。

関連情報
更新日2021年06月19日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iOSの使い方・設定」新着記事
トレンド検索