新型iPad Pro、ミニLEDディスプレイ搭載は12.9インチモデルのみか

カメラの突起も、2020年モデルと比べてやや軽減か

ミニLEDは、iMac 5KのNano-textureガラスの位置付けか

Macお宝鑑定団Blogの情報は、Apple情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏の予測と一致。Ming-Chi Kuo氏は、ミニLEDディスプレイを搭載する製品として12.9インチ型iPad Proを挙げていたが、11インチモデルは含まれていなかった。

ミニLEDディスプレイがオプションとして12.9インチモデル限定で用意される状況は、27インチ型iMac(2020)の「Nano-textureガラス」オプションと似ている。最高スペックモデルを選ぶハイエンドユーザーの中でも、画面品質を追求するユーザー向けに用意される可能性がある。

Mac Pro Pro Display XDR Apple Omotesando 28
左がNano-textureガラス、右が通常モデル

ミニLEDディスプレイの採用により、本体は軽量化や薄型化されるだけではなく、広色域や高いコントラスト比やHDRが可能に。有機ELディスプレイの特徴に似た、黒く映したい特定のエリアのバックライトを暗くできる「ローカルディミング」も実現できるとされている。

これまでのニュースをチェックする
6本の記事を表示する
関連情報
更新日2021年02月15日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:593810)

    発売してくれるだけでいい

「iPadニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索