iPad(第10世代)がApple Pencil(第2世代)非対応の理由が判明

iFixitが本体を分解、フロントカメラの配置変更が原因

iFixitは12月1日、iPad(第10世代)の分解レポート動画を公開。USB-Cポートを搭載するデザイン刷新にも関わらず、Apple Pencil(第2世代)に対応しない理由を解明した。

マグネットで充電できる最新のApple Pencilに対応しない理由は、本体上部から本体側面に移動したフロントカメラが原因。本来であればApple Pencil(第2世代)を取り付け・充電するマグネットを配置したい場所と干渉。カメラの配置変更を優先した結果、アダプタやケーブルがなければ充電できない仕様になってしまった。

This is horrible

あまりにも使い勝手が悪い仕様……

なおiPad(第10世代)に限らず、すべてのiPadはBluetoothをオフにするとApple Pencilとの接続が解除され使えなくなる。専用アダプタとケーブルの持参が必須と思われたが、Lightningポートを搭載するApple Pencil(第1世代)の場合、iPhoneに接続すればペアリングが復活する。いざというときに活用してもらいたい。

iPad(第10世代)は、10月19日に発表iPad Proらと同じフラットなデザインになり、ポップな4色のカラバリで展開。A14 BionicチップやTouch ID内蔵のホームボタンを搭載し、5G、Wi-Fi 6、Bluetooth 5.2をサポート。USB-Cポートを搭載するが、転送速度はLightning同等となるUSB 2.0相当となっている。

もっと読む

12本の記事を表示する

公開情報
更新日2022年12月02日
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. (コメントID:651573)

    マーケティングのためだと思う

  2. 通りすがりの読者(コメントID:651407)

    iPad(第10世代)は既存の躯体を使い回しているから無理だっただろうけど、今後出るiPad Pro次第かな。
    Apple Pencilを短い方の辺(現在カメラがついている方)につけるように変えたら、iPad(第10世代)と同じ位置にカメラがついていてもApple Pencil第2世代が使えるようになりそう。
    変える必要があるかは微妙だけど。。。

「iPad(エントリーモデル)」新着記事
トレンド検索