AirTagの最新ファームウェア(1.0.391)、不要な追跡時のサウンドを改善

不要な追跡に使用されているAirTagが発見しやすくなった模様

Mark chan bMSE8HDpwlE unsplash

AirTagの最新ファームウェアアップデートでは、不要な追跡に使用されているAirTagを発見しやすくするために音が調整されていることが明らかになった。今年2月に発表されたストーキング対策に含まれていた「AirTagの音の調整」が適用されたと見られる。

現在、不要な追跡のアラートを受け取っているiOSユーザーは、不明なAirTagを見つけやすくするために音を鳴らすことができます。Appleは、不明なAirTagをより簡単に見つけられるようにするため、音が最も大きく聞こえるトーンをより多く使用するようにトーンシーケンスを調整する予定です。

AirTagのファームウェアは、「探す」アプリから確認できる。ユーザー自身が強制的にファームウェアをアップデートする方法は存在しない。

関連キーワード
公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhone用周辺機器」新着記事
トレンド検索