AirTagのバッテリー残量、iOS 15.6で非表示に

iOS 16の最新ベータ版でも表示されなくなっている

GoriKeys AirTag Battery Percentage 2

Appleが、「探す」アプリからAirTagのバッテリー残量表示を削除した。Mac OTAKARAによると、国内ではiOS 15.6の配信開始と同時に適用されるAirTag用ファームウェア「バージョン1.0.301」で表示がなくなったという。AirTagのファームウェアは強制的かつ自動的にアップデートされる仕組みで、手動で操作できない。

GoriKeys AirTag Battery Percentage 3

MacRumorsによると、macOS Monterey 12.5およびwatchOS 8.7からのバッテリー残量表示は削除。米国版のApple公式サポートドキュメントから「AirTag の電池の残量を確認する」の項目も削除されている。日本版は残っている。

バッテリー残量表示の精度が低いとの指摘を受けて、取り下げか

Appleがバッテリー残量表示を削除した理由は不明だが、表示されているバッテリー残量の精度が低いとの指摘を受け、取り下げた可能性が指摘されている。表示が復活するかは明らかになっていない。

AirTagのバッテリー残量が不足している場合、「バッテリー残量低下」と表示され一部機能が制限される。AirTagは、CR2032バッテリーを使用する。

Apple AirTag 4個入り
Apple AirTag 4個入り

Apple(アップル)
価格:15334円(掲載時)

もっと読む

12本の記事を表示する

関連キーワード
公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhone用周辺機器」新着記事
トレンド検索