2018年のiPhoneも画面の切り欠き(ノッチ)が小型化か

IPhone XI Concept Images iDrop News 7

2019年のiPhoneは画面の切り欠き(ノッチ)が小型化されると韓国メディアが報じていたが、BarclaysのアナリストAndrew Gardiner、Hiral Patel、Joseph Wolf、Blayne Curtis氏らによると、2018年のiPhoneも切り欠きが小さくなる可能性があるとの予想を発表している。

これは「iPhone X」の後継機種に加え、Plusサイズに相当する6.5インチ型の「iPhone X Plus」や6.1インチ型液晶ディスプレイモデルを搭載したiPhoneを含む全3モデルに共通するとのこと。

外向きカメラ用のTrueDepthカメラも開発中?

切り欠きが小型化されることは大歓迎ではある一方で、「iPhone X」の発売が大幅に遅れたのはTrueDepthカメラが原因とされていたことを考えると、Appleが昨年と同じリスクを犯して小型化に望むことは少し考えづらい。

KGI証券のMing-Chi Kuo氏は2017年12月時点において2019年のiPhoneには進化したTrueDepthカメラを搭載すると予想。Bloombergは外向きカメラに3Dセンサーを搭載するのは2019年のモデルになると伝えていることから、切り欠きの小型化も2019年までお預けである可能性の方が高そうだ。

Barklaysのアナリストらによると、外向きTrueDepthカメラに関しても着手しているが、内向きカメラと比べて画角が広いこと、ドットプロジェクターによる目への影響などがハードルとして存在している模様。

Appleとサプライヤー各社は開発を進めているが、噂通り実装されるとしても18ヶ月も先であるため、まだ確定している情報はない。

個人的にはTrueDepthカメラが小型化することも外向きカメラで利用できるようになることも大歓迎だが、昨年のように発表から発売まで2ヶ月近くも待たされることがないようにすることの方が重要だと思う。

(via MacRumors