Apple、Samsungに対し有機ELパネルの値下げを要求か

Iphone x in apple store shinjuku

AppleはSamsung Displayに対し、有機ELパネルの値下げを要求しているとDigitimesが報じている。

値下げを要求している理由は製造コストを抑え、売上を伸ばすため。有機ELパネルのコストは「iPhone X」の製造原価の3割を締めるとされている。

業界関係者によると、110米ドルから100米ドルに値下げすることを求めているとのこと。

Appleは2018年において、Samsung Displayに最大1億台もの有機ELパネルを発注すると予想されている。2,500万台は「iPhone X」用に使用され、残りの7,500万台は2018年に発表される次期iPhone用になるとのこと。

噂されている通り、今年は「iPhone X」の後継モデルとして位置づけられるであろう5.8インチモデルと新たに6.5インチモデルが有機ELディスプレイを採用する見通し。

なお、Appleは2017年にSamsung Displayから5,000万台の有機ELパネルを購入したとされている。