ケースを装着した6.1インチ型iPhoneのモックアップ画像が公開

Bgr iphone 61

6.1インチの液晶ディスプレイを搭載した新型iPhoneのモックアップ画像BGRが公開している。信頼できる情報筋から入手した画像となっていて、iPhone本体に装着されているのはGhostekのケースだという。

画像を提供した情報筋は過去にも正確な情報を提供した実績があり、Appleの計画に精通した他の情報筋からも次期モデルの正確なデザインであるとのお墨付きをもらっているとのこと。

iPhone X」よりもディスプレイ周りのベゼル幅がある?

液晶モデルは噂されている通りホームボタンが廃止され、「Face ID」用のTrueDepthカメラをディスプレイ上部に搭載。外向きカメラは「iPhone X」のようにデュアルレンズではなく、「iPhone 8」のようなシングルレンズとなっている。

ただし、iPhone 8」よりレンズが大きくなっているのは気のせいではなさそう。これはMacお宝鑑定団Blogが伝えていた情報と一致している。

また、ディスプレイの周りに注目すると、「iPhone X」よりもベゼルが大きいことが確認できる。これは「iPhone X」のように有機ELディスプレイではなく液晶ディスプレイを搭載するため、技術的な理由でベゼルを多少残す必要があると見られている。

2018年のiPhoneは全モデル9月に発表されると見られている。今回の画像にある液晶モデルが最も低価格になると見られているが、Appleは6.5インチ型「iPhone X Plus」が最も売れると予測していると伝えられている。