SpigenのケースにもiPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxの記載、Appleロゴ位置は下がる模様

新モデル発売と同時に対応ケースが準備できているSpigenが「iPhone 11」だと言うなら……?

Iphone 11 cases

EverythingApplePro氏がSpigen製の次期iPhone用ケースの写真をInstagramのストーリーズに投稿し、それをBen Geskin氏がTwitterで紹介している。各モデルの名称として「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」と記載されていることが確認できる。

また、Appleロゴも本体中央寄りに移動していることが確認でき、従来よりも位置が下がると見られる。

先日、Geskin氏が投稿していたケースの写真でもAppleロゴの位置が従来よりも下がっていることが確認されたが、やはり2019年の新型iPhoneはAppleロゴが本体中央に描かれている可能性が高そうだ。

なぜ移動するかについては分かっていないが、個人的にはカメラユニットの大型化と「iPhone」の記載削除、そして双方向ワイヤレス充電の位置を明確するために変えるのではないかと予想している。

次期iPhoneの正式名称については、リークしたAppleの内部資料に「iPhone 11」「Phone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」と記載されていることが確認されている。iOS 13」は9月23日に正式リリースされると書かれていたことから、次期モデルの発売日は9月20日ではなく9月27日になる可能性も浮上している。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索