3Dプリントされた「iPhone 8」のモックアップ動画が公開

CAD of iPHone8

SpeckやOtterboxと同じ工場でケースを製造している中国のケースメーカー「YesGo」から提供された図面をもとにCult Of Mac3Dプリントされた「iPhone 8」のモックアップ動画を公開している。有名メーカーと出処が同じだという点において、信憑性は高いと指摘している。

これまで報じられてきた情報と変わらず、本体は「iPhone 7」よりも僅かに大きく、分厚くなっている他、ホームボタンが廃止されほぼベゼルレスの全面ディスプレイになり、2つのレンズの間にLEDフラッシュが配置された縦並びのデュアルレンズカメラが特徴となっている。

本体サイズは143.59mm x 70.94mm x 7.56mm

提供された図面によるとiPhone 8」の本体サイズは143.59mm x 70.94mm x 7.56mmになるとのこと。
Iphone 8 design

これまで報じられてきたサイズの情報と比較すると、Benjamin Geskin氏は143.59mm x 70.94mm x 7.57mmになると指摘し、Macお宝鑑定団Blogは143.4mm × 70.7mm × 7.4 mmになると伝えていた。

音量ボタン側は従来モデルと変わらず、カメラ部分は引き続き突起している。一方、電源ボタンやはり縦長になっているようで従来モデルよりも倍程度の長さになっていた。
Iphone 8 design

Cult Of Macでは3Dプリントした「iPhone 8」に画面をはめ込み、具体的にベゼルの薄さや本体上部のベゼルがどの程度残る見通しとなっているのかが分かりやすくなっている。「iPhone 8」のディスプレイ上部はセンサーやFaceTimeカメラを囲むようなデザインになるという噂もあったが、このモックアップによると本体上部は従来モデルよりも縦幅が少々キュッとしたベゼルが残されている。
Iphone 8 design

以下、動画をどうぞご覧あれ!

最近公開された図面によると、「iPhone 8」のディスプレイは5.66インチにる模様。

「iPhone 8」はワイヤレス充電や3D顔認証、AR機能に対応し、「Touch ID」は画面内蔵、ディスプレイの縦横比は18.5:9だと噂されている。発表日は9月13日、発売日は9月22日という説もあるが、信憑性は定かではない。

Foxconnも「iPhone 8」の量産開始を宣言していることから例年通り9月頃には発売が開始されるのではないかと見られている。

あわせて読みたい