Studio Displayに繋げれば、Hey Siriが非対応Macでも利用可能に

本来は2018年以降発売のMac向けの機能だが、ディスプレイ本体がサポートしていることで利用できる

AppleEvent 202203 PeekPerformance 3002

Apple純正ディスプレイ「Studio Display」に接続することで、呼びかけるとSiriが起動する機能「Hey Siri」が一部の非対応Macでも利用できる

Studio Displayが使用できるMacは、以下のとおり。macOS Monterey 12.3以降が動作している必要がある。

一方で「Hey Siri」に対応しているMacは、以下のとおり。本来であれば2018年以降発売のMac限定の機能だが、Studio Display内蔵のA13 Bionicチップにより、ディスプレイ本体がHey Siriに対応。Macがシステム要件を満たさなくとも、ディスプレイに接続していれば利用できる。

  • MacBook Pro (2018 年以降に発売されたモデル)
  • MacBook Air (2018 年以降に発売されたモデル)
  • iMac Pro
  • iMac (2020 年以降に発売されたモデル)

Studio Displayは、27インチ型の5Kディスプレイ。A13 Bionicチップの内蔵、1,200万画素センターフレーム対応超広角カメラの搭載、最大96Wの出力供給、1基のThunderbolt 4ポートと3基のUSB-Cポートの搭載、空間オーディオ対応スピーカーなどが特徴だ。価格は199,800円から。ディスプレイパネルは、標準ガラス以外にNano-textureガラスも選択できる。

Studio Displayの最新情報

8本の記事を表示する

公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Mac用ディスプレイ」新着記事
トレンド検索