【レビュー】ASUS製28インチ型4Kディスプレイ「PB287Q」と「MacBook Pro Retina 15インチ」を縦方向に並べて配置してみた

ASUS PB287Qの縦方向デュアルディスプレイ

世間では「MacBook Air」や「MacBook Pro」に外部ディスプレイを接続し、縦方向並べる形でデュアルディスプレイ環境を構築している人が多い。流行っているかどうかは分からないが、このスタイルは比較的人気が高いようだ。

僕自身はエンターキーやスペースキーを中心にキーボードを強く叩き過ぎる癖があるため、自宅における作業は「Logicool ワイヤレス ソーラーキーボード k760」を活用している。ただし、やはり今後4Kディスプレイを購入して縦方向に並べてみたいという人もいるかと思うので、ASUS製の28インチ型4Kディスプレイ「PB287Q」と「MacBook Pro Retina 15インチ」を縦方向に並べて配置してみた!続きからどうぞ!

MacBook Pro Retina」を垂直に置くとディスプレイと被る

冒頭の画像は「MacBook Pro Retina 15インチ」のディスプレイをほぼ垂直に立てて並べてみたところ。以下の写真にある通り、その状態だとディスプレイと被ってしまい、4Kディスプレイの下の方に表示しているコンテンツが見えなくなってしまう。
ASUS PB287Qの縦方向デュアルディスプレイ

ただ、多くの人は「MacBook Pro」ないし「MacBook Air」のディスプレイを垂直にすることはなく、多少上向きに傾けるはず。「PB287Q」を最も高い位置まで上げ、ギリギリ「MacBook Pro Retina 15インチ」が重ならないところに配置してみた結果が以下。
ASUS PB287Qの縦方向デュアルディスプレイ

このような状態であれば縦方向に並べても快適に作業することは可能かもしれない。
ASUS PB287Qの縦方向デュアルディスプレイ

ただし、注意点としてこれは「PB287Q」を最も高い位置に上げた状態であるということ。最初に「PB287Q」を紹介した記事でも書いた通り、最も高い位置にするとどうしても高さがありすぎて首が疲れる。縦向きに回転させた時ほどではないと思うが、相当位置は高い。

とは言え、ディスプレイそのものが上下するのでディスプレイスタンドを追加で買わなくても縦方向に並べて配置することができるのは魅力。普段はLogicool ワイヤレス ソーラーキーボード k760を使っているが、たまには気分転換に縦方向に配置して「MacBook Pro Retina 15インチ」のキーボードを直接叩くのもありかもしれない…!

4Kディスプレイ「PB287Q」の他のレビュー記事もチェック!

【レビュー】ASUS製28インチ型4Kディスプレイ「PB287Q」を手に入れた!作業が凄まじく捗る! | gori.me(ゴリミー)

【レビュー】ASUS製28インチ型4Kディスプレイ「PB287Q」を最高解像度モードにしたら何もかもが小さすぎて笑った | gori.me(ゴリミー)

【レビュー】ASUS製28インチ型4Kディスプレイ「PB287Q」を縦向きに置いたら高すぎてどうしようもなくなった! | gori.me(ゴリミー)