学生みんなが特待生。

置くだけで自動接続!Henge Docks製ドッキングステーション「Horizontal Dock」でポート数を大幅に拡張!

Hendge dock horizontal dock

MacBookに搭載されているポート数は意外と少ない。僕の愛用している15インチ型「MacBook Pro Retina」は「Thunderbolt 2」ポートが2つ、USB 3.0ポートが2つ、HDMIとSDカードスロット、そしてイヤホンジャック。

MacBookを接続するだけで手軽にポートを増やすことができる「LandingZone」というドッキングステーションを以前紹介した。

僕は「Belkin Thunderbolt 2 Express Dock HD」を使っているが、外部キーボードやマウスなどを接続せずにMacのポートを拡張したいという人にとってはドッキングステーションも魅力的だ。「CES 2015」にてHenge Docksから新しいドッキングステーション「Horizontal Dock」が展示されていたようなので、紹介する!

USB 3.0ポート6つを含む合計13ポート搭載!

「Horizontal Dock」は13インチ・15インチ型「MacBook Pro」用のドッキングステーション。「MacBook Air」用も今後リリースする予定。

接続するだけで「MacBook Pro Retina」のポート数が大幅に拡張されるということがこのデバイスの魅力だが、ポートを増やすまでの過程が最高にクール!というのも、「MacBook Pro Retina」を置くだけでドッキングステーションの各ポートが左右からニョキニョキっと出てきて本体と接続完了するのだ!9To5Macが公開していたレビュー動画にその様子が紹介されているので、以下からどうぞ!

「Horizontal Dock」に接続すると利用可能なポート数が合計13ポートになる。「Thunderbolt 2」ポートは2つ、USB 3.0ポートが6つ、HDMIとイヤフォンジャック、SDカードリーダー、イーサーネットポート、イヤフォンジャックがMac本体の後ろからアクセス可能になる。

Hendge dock horizontal dock

ポートが増えるだけではない。本体を「Horizontal Dock」に接続することによって本体の充電も可能。電源ケーブルも内蔵しているため、普段使っているMagSafeアダプターはカバンをいちいち取り出す必要がない。仕事をする時にMacをドッキングステーションと接続すれば充電もされポートも拡張されるという素晴らしい製品なのだ!

Hendge dock horizontal dock

「Horizontal Dock」の価格は399ドル。日本で購入可能になるかは不明。気になる人は公式サイトもチェックしておくべし!

なお、Henge Docksからは「Apple Magic Trackpad」と「Apple Wireless Keyboard」を一体化してくれる「CLIQUE」という製品が発表されているようだ。気になる人は以下からどうぞ。

(via 9To5Mac