MagSafe風USB-Cアダプタの決定版「MagNeo」、Kickstarterに登場

MagNeo USB C Magnetic Adapter 2

「USB-C/Thunderbolt 3」の代わりにMagSafeという素晴らしいテクノロジーを失ってしまった「MacBook Pro」2016年モデル。無くても生きていけるが、あった方がやはり便利だと思うシーンは度々経験している。

USB-CをMagSafe化する取り組みとしてGriffinから「BreakSafe」という製品が発売開始されているが、出力可能な電力が最大60Wとなっているため、61W必要な13インチモデルでさえも電力不足。対応製品一覧は12インチ型MacBookまでとなっている。

電力不足問題を解決するために立ち上がったのが「Snapnator」というKickstarterプロジェクト。15インチ型「MacBook Pro 2016」にも対応しているとのこと。ただし、できるのはあくまでも本体を充電するだけで、データの転送など「USB-C/Thunderbolt 3」ポートの特性を活かしきれていない。

今回、ようやく決定版となるMagSafe風USB-Cアダプタが登場した。名前は「MagNeo」。Kickstarterで資金調達を開始し、既に目標額は達成。支援者が殺到することは間違いないだろう。

最大出力可能電力は100W、5Kディスプレイも出力可能

「MagNeo」は「UBS-C」ポートをMagSafe化するだけではなく、新型「MacBook Pro」に採用されている「Thunderbolt 3」を活かすことができる仕様になっていることが特徴。

MagNeo USB C Magnetic Adapter 3

最大出力可能電力は100W。15インチ型「MacBook Pro 2016」も充電できる他、「Thunderbolt 3」の仕様である5Kディスプレイの出力や10GB/sの伝送速度も利用可能。

MagNeo USB C Magnetic Adapter 1

対応する製品は下記の通り。「MacBook Pro」の2016年モデルはもちろん、先日発売開始された「LG UltraFine 5K Display」も利用可能。使用頻度の高いUSB-CハブやUSB-Cポートを搭載しているスマートフォンやWindows PCなどでも利用可能。

MagNeo USB C Magnetic Adapter 4

まさに完璧とも言える「MagNeo」だが、欠点を挙げるとしたら余計なロゴが本体についているということと、形状がシュッとしていないことだろうか。個人的にはそれほど気にならないが、見た目が重要な人はKickstarterのプロジェクトページを良くチェックした上で支援するかどうか決めるべし!

(via The Verge