「MacBook Pro 2016」用USB-Cハブの決定版「HyperDrive Thunderbolt 3 USB-C Hub」、予約受付を開始

HyperDrive for MacBookPro2016

TUNEWEARから発表された「ALMIGHTY DOCK TB1」は最大40Gbpsの高速通信や最大5Kまでのディスプレイ出力に対応しているが、HDMI端子が用意されていない。

以前紹介したKickstarterで資金調達を開始していた「HyperDrive」は「ALMIGHTY DOCK TB1」にHDMIポートをさらに追加したDock。まさに持ち運べるUSB-Cハブの決定版と言っても過言ではない。

その「HyperDrive」がついに国内でも販売開始される!アクト・ツーが「HyperDrive Compact Thunderbolt 3 USB-C Hub」の予約を受付開始し、2017年4月3日から販売開始することを発表している

15インチモデルも充電可能!SDカードスロットも完備

「HyperDrive Compact Thunderbolt 3 USB-C Hub」は「MacBook Pro 2016」専用のUSB-Cハブ。12インチ型MacBookでは使うことができない、新型「MacBook Pro」のみ対応となっている。

一言で説明すると「MacBook Pro」の2015年モデルの頃から失われたあらゆるポートを事実上すべて復元することができる。側面にる2つのポートを同時に使い、HDMI、Thunderbolt 3、TYPE-C、SD、Micro SD、USB 3.1ポートを2つが用意され、もちろん充電しながら使用することも可能。

HyperDrive for MacBookPro2016

最大のポイントは最大100Wの電力供給に対応している点。15インチ型「MacBook Pro」をフルスピード充電するためには最大87Wが必要だが、100Wもあれば余裕。むしろ、すべてのポートに周辺機器を接続した状態でもすべてフルスピードで電力を供給することができるのだ。

HyperDrive for MacBookPro2016

驚きなのは「Thunderbolt 3」ポートに「LG 5K UltraFine Display」を接続した状態でHDMIポートに4Kディスプレイを同時に接続できるということ。

ハブの電力周りもしっかりと考えられているとのことで、接続した状態でも消費電力が非常に少ないとのこと。ただでさえ電池持ちが悪い最新モデルの電池は必要最低限しか消費しない仕組みはありがたい。

カラーモデルはスペースグレイとシルバーの2色展開。先行予約価格は税込み11,000円。気になる人は下記からどうぞ!

FOLLOW / 最新情報を購読