USB-Cハブ「HyperDrive PRO」、発売ーー「HyperDrive」に「Mini DisplayPort」を追加したモデル

HyperDrive PRO 8Port Hub 00

MacBook Pro購入ガイドで紹介したとおり、「MacBook Pro 2016」を使う上で欠かせない存在はUSB-Cハブ。大多数のポートを復活させることができるモデルの1つが「HyperDrive」だ。

その「HyperDrive」に上位モデルとして「HyperDrive PRO」が登場。なんと「Mini DisplayPort」を搭載し、MagSafeを除けば旧型「MacBook Pro」に搭載されていたポートをすべて復活させることができるのだ!

HDMIとMini DisplayPort経由で4Kを2枚出力可能に

「HyperDrive PRO」に「Mini DisplayPort」ポートが搭載されたことにより、このハブさえあればデュアル4Kディスプレイ環境を構築することが可能になる。公式販売サイトリフレッシュレートについては明言されていないが、少なくともHDMIポートは4K@30Hzとなっている。

HyperDrive PRO 8Port Hub 01

さらに、搭載されているUSB-Cポートは2つともPower Deliveryに対応。片方は最大100W、もう片方は60Wまでとなっているため、「MacBook Pro」の15インチモデルでもフルスピードで充電することが可能に。

HyperDrive PRO 8Port Hub 02

存在そのものを知らなかったが、実は12インチモデルのようにUSB-Cポートが1つしかないデバイスで使用できる「HyperDrive SOLO」が用意され、従来「HyperDrive」と呼ばれていたモデルは「HyperDrive DUO」と名称変更されるとのこと。

HyperDrive PRO 8Port Hub 03

個人的には「MacBook Pro」をデスクトップ化するのであれば「CalDigit TS3 Lite」や「Belkin Thunderbolt 3 Express Dock HD」のようなUSB-Cドックの方が拡張性の高さを理由に選ぶが、「旧型MacBook Proにあるポートを全て復活させたい」という強い思いがある人は海外から取り寄せてみてはいかがだろうか。

(via AAPL Ch.

あわせて読みたい