さらに薄くなったMacBookは今年中に発売されるか?!それとも2015年になる?!

Macbook Air
Retinaディスプレイ搭載の超薄型MacBookか?!それともディスプレイ解像度は変えずに現行モデルよりも薄型化するだけか?!


Digitimesによるとさらに薄くなったMacBookが2014年第4四半期もしくは2015年に発売されると報じている!

新型MacBookは既に少量で生産開始している?!

これは、最近話題に上がることが多い12インチ型の「MacBook Air Retina」のことなのだろうか。

6月に12インチ型「MacBook Air」が2014年第3四半期に量産開始すると噂され、早ければ今年中にリリースされるとも言われていたが、真相は明らかになっていない。


これまでよりもさらに薄型化したMacBook、とは一体どれほど薄くなるのだろうか。「MacBook Pro Retina」は厚さ1.8cm、「MacBook Air」の厚さは0.3cm〜1.7cmとなっている。「iPad Air」の厚さは0.75cmとなっているが、ノート型Macが厚さ1cmを切ったらオオゴトだ。iPad並に薄くなったら持ち運び用として欲しくなりそうだ…!

情報元によると光学ドライブを搭載する「MacBook Pro」は2014年中に販売終了すると予想されている。

(via 気になる、記になる…

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【非公式】「iPhone 8 – ‘X’ Edition」のコンセプトイメージが公開ーーこれまで報じられている噂を反映
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. タイプライター風のMac用ワイヤレスキーボード「lofree」、登場!Magic Keyboardと同じレイアウト
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!