ミニLEDのMacBook Airは2022年半ば発表、ディスプレイは変わらず13インチか

年内発表が噂される新型MacBook Proに続き、ミニLEDを採用する2機種目のMacになるか

Keyboard

Appleは、ミニLEDディスプレイを搭載した新型MacBook Airを2022年半ばに発表する可能性がある。Apple情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏によると、ディスプレイサイズは現行機種と同じ13.3インチを引き継ぐという。仕様の詳細は明らかにしていない。

Bloombergは、新型MacBook AirにM1の後継チップが搭載されると予測。CPUは8コアのままだが動作は高速化、GPUは最大10コアまで増加するとという。年内登場が噂される新型MacBook Proは「M1X」チップを搭載し、新型MacBook Airは「M2」チップになると言われている。

Appleのリーク情報を発信しているJon Prosser氏は、新型MacBook Airは特徴的なウェッジデザインを廃止し、MacBook Proに似たデザインになると予測。ポートは左右に1基ずつ合計2基搭載され、24インチiMac(2021)と同じ7色のカラバリが用意されるという。

新型MacBook Airの噂・ニュース

6本の記事を表示する
公開情報
更新日2021年08月24日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「MacBook Air」新着記事
トレンド検索