新デザインの新型MacBook Air、2022年7月以降に量産開始か

量産時期からして、新型MacBook Airは2022年後半に発売か

Purple 1

新しいデザインを採用した新型MacBook Airは、2022年の第3四半期(7〜9月)に大量生産を開始する可能性がある。Apple情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏によると、新デザインに加えてミニLEDディスプレイの搭載高性能化したAppleシリコンチップの内蔵が特徴になるという。

Bloombergによると、新型MacBook AirにはM1の後継チップを内蔵。高性能4コアと高効率4コアから成る8コア仕様には変わりないが、動作が高速化されるという。GPUのコア数は最大10コアになると予測している。

Appleのリーク情報を発信しているJon Prosser氏は今年5月、入手した情報をもとに作成した新型MacBook Airのレンダリング画像を公開。ウェッジデザインを廃止し、ポートは左右に1つずつ、キーボードやディスプレイベゼルは白を採用。カラバリは24インチiMac(2021)と同じ7色展開になるとしている。

新型MacBook Airの噂・最新情報

9本の記事を表示する
公開情報
更新日2021年09月27日
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. Jay(コメントID:611356)

    大学生の従兄弟(女子)が「Macいいなと思うけどもっとポップなのがほしい」って言ってたから、まさにそういう層にはピッタリなんだろうなぁ。iPadよりPCライクで、ライトな印象のMac。

  2. 通りすがりの読者(コメントID:611312)

    正直白ベゼルは勘弁

「MacBook Air」新着記事
トレンド検索