新型MacBook AirはミニLED搭載で複数カラバリを用意、2022年半ば発表か

著名リーカーの公開したレンダリング画像の情報と一致

Colors stacked

新型MacBook Airは、ミニLEDディスプレイを搭載し、複数のカラーバリエーションが用意され、2022年半ばに発表する可能性がある。Apple情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏によると、14インチ/16インチの新型MacBook Proに似た完全刷新のデザインを採用するという。

M1が新モデルと併売される場合、値下げが期待できるかも?

M1 MacBook Airの販売が継続されるかは不明。置き換えであれば新型MacBook Airの価格は据え置き、併売であればM1 MacBook Airは値下げが予想される。

新型MacBook AirのミニLEDディスプレイは、中国メーカーBOEが担当。MacBook Proは、LG、シャープ、GIS(Foxconnの子会社)が製造するそうだ。ディスプレイサイズは現行機種と同じ13.3インチを引き継ぐと伝えている

Bloombergによると、新型MacBook AirはM1の後継チップを内蔵。高性能4コアと高効率4コアから成る8コア仕様には変わりないが、動作が高速化されるという。GPUのコア数は最大10コアになるそうだ。

Appleのリーク情報を発信しているJon Prosser氏は今年5月、入手した情報をもとに作成した新型MacBook Airのレンダリング画像を公開。ウェッジデザインの廃止、複数カバリの用意など、Ming-Chi Kuo氏の予想と一致している。ポートは左右に1つずつ、キーボードやディスプレイベゼルは白を採用し、カラバリは24インチiMac(2021)と同じ7色展開になるとしている。

(Source: MacRumors

公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「MacBook Air」新着記事
トレンド検索