MacBook Pro 2019 16インチ レビュー

MacBook Pro 2019 16インチ レビュー

プロユーザーが求めていた”本当のMacBook Pro”はこれだった

MacBook Pro」の15インチモデルが廃止され、新たに16インチモデルが登場した。

わずかに大きくなり、わずかに重くなったが、誰しもが求めていた”安心して打てる”キーボードが復活escキーも物理キーになり、矢印キーも逆T字型になり、キーボードとして”使える”ようになった。

すでに15インチ型「MacBook Pro 2019」を使っていた僕だが、持ち運べる最強MacBookが大好きな僕はいても立ってもいられず、Ultimateモデルを購入。スペックは下記の通り:

MacBook Pro (16-inch, 2019)
機種ID MacBookPro16,1
プロセッサ 第9世代の2.4GHz 8コアIntel Core i9プロセッサ(Turbo Boost使用時最大5.0GHz)
RAM 32GB 2,666MHz DDR4メモリ
グラフィックス Intel UHD Graphics 630 1536 MB
AMD Radeon Pro 5500M(8GB GDDR6メモリ搭載)
ストレージ 2TB SSDストレージ
ディスプレイ True Toneを採用した16インチRetinaディスプレイ
Thunderbolt 3 Thunderbolt 3ポート x 4
キーボード バックライトキーボード – 英語(米国)
カラー スペースグレイ

変わったのはディスプレイサイズやキーボードだけではない。最新モデルは改良された排熱構造により同じプロセッサながら性能が伸び、さらにはグラフィック性能が飛躍的に改善している。

本記事では16インチ型「MacBook Pro 2019」改良されたキーボードとその打ち心地、大きくなったディスプレイ、スペックアップしたパフォーマンス性能、そして実際に聞くと驚くスピーカー性能安心して長時間使えるバッテリー性能などについて詳しくレビューする!

キーボード

MacBook Pro 2019 16inch Review BlueBackground 08

16インチ型「MacBook Pro 2019」が最も明確に進化したポイントは、そのキーボード。2016年以来3年間に渡って採用および改良を続けてきたバタフライ構造のものではなく、2015年モデルまでに採用されていたシザー式のキーボードを採用。

ワイヤレスキーボードの「Magic Keyboard」からヒントを得たことから、16インチ型「MacBook Pro 2019」に搭載されているキーボードも同じ名前で呼ばれている。分かりづらい。

とは言え、実際に使ってみるとワイヤレスキーボードの打感と異なる部分もあり、記憶している「MacBook Pro」の2015年モデルに搭載されていたキーボードともまた少し異なる。

シザー式キーボードの打ち心地

MacBook Pro 2019 16inch Review BlueBackground 04

まずはちょっとした振り返りから。

バタフライ式キーボードの問題点は大きく分けて2つ。1つは信頼性の無さ。故障しやすく、修理がしづらい構造となっていた。もう1つは打ち心地の悪さ。キーストロークが極めて浅く、指先が疲れるという意見もあった。

僕自身も2016年モデルでキーボードの不具合を体験し、それ以来2017年、2018年、2019年と買い替えてきているが、正直なところ信頼性も打ち心地も年々改良されていると感じる。とてつもなく長い時間をこのキーボードで過ごしているためすっかり慣れてしまったのかもしれない。特に2019年モデルのキーボードは”ペチペチ”感も抑えられ、打音も鈍くなり、むしろ快適であるとさえ感じていた。

そんな思いがありつつ、16インチ型「MacBook Pro 2019」を開封直後にキーボードを打ってみた感想としては「懐かしい」だった。ワイヤレスキーボードの「Magic Keyboard」というよりも、2015年まで使っていた15インチ型「MacBook Pro」のキーボードの打ち心地に近いような気がするが、厳密にはちょっと違う。

MacBook Pro 2019 16inch Review BlueBackground 09

どうやらこのキーボードは単に昔のシザー式キーボードをを復活させたのではなく、バタフライ式キーボードの魅力でもあった「キーのどの部分を押しても正確に押し込める」という特性を取り入れているそうだ。よって、「MacBook Proの2015年モデルにあるキーボードが復活した」と表現するのは不正確なのだ。

今までと比べて明らかにキーボードを打っていて気持ち良くなっていることは間違いない。バタフライ構造の場合はキーを「押した」という感覚に近いが、シザー構造の場合はしっかりとキーを押し込んでいるように感じる。

それもそのはず。キーストロークは従来の0.55mmから1mmになり、約2倍に。写真で見比べてみると15インチモデルのキーボードはまるでキートップに埋没したような印象さえも受ける。なんというか、「MacBook Pro」は”キーボードらしいキーボード”をようやく手に入れることができたという安心感がある

安心感といえば、シザー構造になったことにより、キートップを外すことができるようになり、修理がしやすくなっている点も”進化”した点として挙げておく。

独立した電源ボタンと物理escキー、そしてTouch Bar

16インチ型「MacBook Pro 2019」は「Touch ID」を兼ねる電源ボタンが「Touch Bar」から独立したデザインになっている。この仕様はMacBookが初めてではなく、デザインが刷新された「MacBook Air 2018」で初採用。今回、そのノウハウが16インチモデルにも反映されているそうだ。

16inch macbookpro 2019 review 11

キーボードの注目ポイントはシザー構造になっただけではなく、やはり物理escキーが復活したこと。Appleのワールドワイドプロダクトマーケティング担当上級副社長のPhil Schiller氏とのインタビューの中で、「Touch Bar」に対する最大の不満は物理escキーがなくなったことであると説明し、今回の16インチモデルでついに帰ってきた。

僕は15インチ型「MacBook Pro 2016」の初期不良で散々苦しめられたこともあり、「Touch Bar」は今すぐ撲滅してほしいと願ってやまないが、16インチモデルに変えてからはその怒りが少し収まっているような気がしている。これはやはりescが物理キーになったことの影響は大きいのかもしれない。

3年間も使い続けていることもあり操作には慣れているものの、僕も物理escキーが無いことに少なからずストレスを感じていた1人であり、指を置いたままにしても押さなければ反応しない物理キーの復活によってこれまで日常的に体験していた誤動作の回数が格段に減ったと感じている。

16inch macbookpro 2019 review 12

16インチモデルの噂が浮上した時から「Touch Bar」の廃止を密かに期待していたが、残念ながら実現せず。今回廃止されなかったということは少なくとも今後数年間は廃止されないと考えられるので、物理ファンクションキーの復活は諦め、役に立たない「Touch Bar」と寛容な心で付き合っていきたいと思う。

MacBook Pro 2019 16inch Review BlueBackground 02

怒りが収まったのではなく、単に諦めの境地に達してしまったのかもしれない。

キーピッチとキーサイズ

16inch macbookpro 2019 review 18

15インチモデルと物理的に大きくなったことを利用し、16インチモデルはキーボードそのものが僅かに大きくなっている。キー同士のスペースが広く取られ、キーそのものが僅かに小さくなっている。

これは16インチ型「MacBook Pro 2019」で初めて連続して文章を打った時に早々に実感した。3年間バタフライキーボードに慣れ親しんだこともあり最初は違和感を感じたが、すぐに慣れた。

むしろ、キー同士が離れたことにより打ち間違えが起きづらくなり、「Touch Bar」を誤ってタップする回数も格段に減った。総じてタイピングのユーザー体験が向上していると感じている。僕のように毎日エンドレスに文字を打ち続けている人にとっても良い。

逆T字型矢印キー

MacBook Pro 2019 16inch Review BlueBackground 03

物理escキーの復活によって見過ごしてしまっている人もいるかもしれないが、矢印キーも従来のボックス型ではなく、2015年モデルと同じ逆T字型に戻った

改めてこのデザインを見ると、Appleがこのデザインから離れた最大の理由はキーボードとしてのデザインだろう。確かに、2016年から2019年の15インチモデルに採用されていた矢印キーの方がデザインとして洗練されている気がする。残念ながら「MacBook Pro」を頼りにしているプロユーザーの大多数がデザイン云々よりも機能性を求める声が多く、元通りのデザインに戻したのかもしれない。

個人的にはすっかりバタフライキーボードの矢印キーに慣れてしまっていたものの、左右の矢印キーの上に復活した中途半端なスペースが落ち着く。これも懐かしい感じがする。

サイズと重さ、そしてディスプレイのベゼル

MacBook Pro 2019 16inch Review BlueBackground 05

「MacBook Pro 2019」の16インチモデルは名前の通り、ディスプレイサイズが15.4インチから16インチにサイズアップしている。

個人的にはこのサイズの違いによって情報の見え方などが変わるようなことを多少期待していたものの、実質的に表示できる情報量に変化はない。ピクセル密度は220ppiから226ppiに増えているが、少なくとも僕はこの6ppi差を識別できない。画面がよりシャープになっているっていう人は目が顕微鏡なのかな?

ベゼルが薄くなったのは嬉しいが、隣同士で見比べない限り分からない。隣同士で見比べると「16インチモデルの方が格好良いな」と思う。
16inch macbookpro 2019 review 17

理想は15インチモデルのサイズが1ミリも変わらず画面が大きくなってくれることだが、残念ながら16インチモデルは縦幅・横幅がわずかに大きくなり、厚みも増し、重さも170g増えている。

16インチモデル 15インチモデル
高さ 1.62 cm 1.55 cm
35.79 cm 34.93 cm
奥行き 24.59 cm 24.07 cm
重量 2.0 kg 1.83 kg

実際に写真で比較するとこのような違いだ。ほとんどサイズが変わっていないように見えるかもしれない。
16inch macbookpro 2019 review 08

ところが実際は結構違う。170gという重量差は一瞬重く感じるもののすぐに慣れてしまうが、サイズは、15インチモデルを長年使っている人であれば大きくなっていることはすぐに見抜けるはず。
16inch macbookpro 2019 review 09

買った当初、僕は「おい、iJustine!何がサイズがほとんど変わらない、だ!めちゃくちゃ大きくなっているじゃないか!」と憤慨していたのだが、使っているうちに慣れてしまった。強いて言えば、これまで使っていたケースなどが使えない場合があるので注意が必要。

個人的に最も懸念していたのは本体の厚み。7mmとは言え、かなり分厚く感じるのではないかと心配していたが、これも思ったほどではなかった。
16inch macbookpro 2019 review 06

感覚としては、ディスプレイの厚さ分ぐらいキーボード部分の厚みが増えていて、タイピングしていて手首に負担を感じることは今のところない。
16inch macbookpro 2019 review 07

スピーカー

MacBook Pro 2019 16inch Review BlueBackground 01

先行レビューで全員が口を揃えていっていたのは、スピーカー性能がずば抜けて良い、ということ。15インチ型「MacBook Pro 2019」と聴き比べてみたが、確かに16インチ型「MacBook Pro 2019」のスピーカーは、ちょっとした高性能ワイヤレススピーカーと肩を並べるぐらいには音圧がある

妻にも15インチモデルと聞き比べてもらったが、「全然違う」と言っていた。誰もが聞いても「このスピーカー、良くなっている」と思える進化を遂げている。

これまであんまり「MacBook Pro」本体のスピーカーを使おうと思う機会がなかったが、これだけ良いスピーカーが搭載されたことにより、むしろ使える時は積極的に使いたいという気持ちが芽生えるかもしれない。どのようなプロユーザーが「MacBook Pro」のスピーカーの改良を求めていたのか分からないが、僕はこの進化を歓迎している。グッジョブ!

特に感心したのは、音の指向性。画面を前にして文字を打っているときと、少し姿勢を後ろ方向に反らして画面から身体を離した時に聞こえる音は全く違う。

これはあくまでも僕の予想だが、恐らくAppleは16インチ型「MacBook Pro 2019」のスピーカーを目の前で作業しているユーザーの耳に最も良い音が届くように設計しているような印象がある。最近は「MacBook Pro」単体で作業する機会が増えてきたので、BGMを流す時は本体のスピーカーを使っていきたいと思う。

バッテリー

MacBook Pro 2019 16inch Review BlueBackground 07

キーボードの改良やスピーカーの進化で十分に評価されていないと感じるのは、16インチ型「MacBook Pro 2019」の電池持ちの良さ。「iPhone 11 Pro」に変えてから電池不足を全く心配しなくなったとのと同じように、16インチモデルの電池持ちは飛躍的に伸びている。

例えば、この記事を執筆するために5時間以上作業する機会があったが、電池残量はその時点で30%残っていた。結果的に6時間半近く使い続けることができたのだ。

基本的には文字を打っているだけなのでほとんど負荷のない作業を行っていることが影響しているが、途中でCPUの負荷テストを行ったり、「Adobe Photoshop CC」を使ってRAW画像を現像したり、時間は限られているもののファンが回りだすようなパワーを必要とする作業は行っているので、それでも6時間超えは極めて優秀。

MacBook Pro 2019 16inch Battery 00

15インチモデルは買った直後でも同じ使い方でせいぜい4〜5時間ぐらいが限界。キーボードと匹敵するぐらい、僕にとってはこの進化は本当に嬉しい。「iStat Menus 6」に表示される予想駆動時間で「10時間」なんて表示されたのは、初めて見たかもしれない。100Whバッテリーの実力は伊達ではない。

電池持ちが長くなることによて無駄に重い「96W USB-C電源アダプタ」を持ち運ばなくて済むかもしれない。

電源アダプタ

16inch macbookpro 2019 review 26

16インチ型「MacBook Pro 2019」はフルスピードで充電する場合に必要とする電力が96Wまで増え(15インチモデルは87W)、それに伴い、同梱されているUSB-C電源アダプタも出力が増えている。

電源アダプタそのものも大きくなることを恐れていたが、見比べてみると全く同じサイズで全く同じ重さ。単に出力が増えただけ。

電源アダプタ同士を見比べて見ると、出力などの情報が記載されている文字のフォントが薄くなり、読みづらくなった。
16inch macbookpro 2019 review 25

そして、USB-C端子の部分が金属製ではなくプラスチック製と見られる素材に変更され、白くなっている。
16inch macbookpro 2019 review 27

個人的に一番驚いたのは、電源アダプタが同梱されているパッケージがプラスチック製ではなく紙製になっていたこと。エコい。
16inch macbookpro 2019 review 24

ちなみにフルスピードで充電するために必要な電力が増えても、僕は引き続きこれまで通りの周辺機器を使って外出先では充電している。数分間の4K動画を編集・書き出しなど負荷の高い作業をしなければ、60Wの出力さえあれば十分。170g重くなった分、軽量化できるところは軽量化した方が良い。

パフォーマンスとベンチマークスコア

MacBook Pro 2019 16inch Review BlueBackground 16

16インチ型「MacBook Pro 2019」のパフォーマンスはどうなのか。

15インチ型「MacBook Pro 2019」と比べてCPU性能はわずかに向上し、GPU性能は飛躍的に向上し、SSD性能もわずかながら数値は伸びている。以下にそれぞれ解説する。

CPU性能

16インチ型「MacBook Pro 2019」と15インチ型「MacBook Pro 2019」に搭載されているCPUは全く同じ。現在手元にあるモデルはどちらも同じUltimateモデルであり、第9世代の2.4GHz 8コアIntel Core i9プロセッサが内蔵されている。

だとすれば当然、ベンチマークスコアは同じになるはずだが、16インチモデルは排熱構造が改良されていることから、基本的な動作周波数を高く保つことができることも確認でき、それが総合的なCPUパフォーマンスに好影響を与えている。

今回は「Cinebench R20」を使用し、CPU性能を測定。15インチモデルと比べて17%も性能の向上が確認できる

また排熱構造を確認するためにサーモグラフィカメラ「FLIR ONE for iOS Personal Thermal Imager」を使用し、負荷の高い作業を15インチモデルと16インチモデルで行い、筐体の温度を比較してみることに。

その結果が以下。

15インチモデルは最高で46.5℃まで上がったが、16インチモデルは43.3℃に留まった。また、基本的な排熱構造が改良されているお陰なのか、ファンの回転数や作動するタイミングも調整されている模様。15インチモデルに比べて静かに作業することができるようになった。

GPU性能

iGPUである「Intel UHD Graphics 630」は15インチモデルと変わらず、性能も特に変化はなかったが、8GB GDDR6メモリを搭載した「AMD Radeon Pro 5500M」グラフィックスに関してはスコアに顕著に現れている。

まずはOpenCLスコアから。15インチモデルは「23587」だったのに対し、16インチモデルは「30245」を記録。約28%も伸びている

Metalスコアでは、15インチモデルでは「23584」だったのに対し、16インチモデルは「27990」に。約18%伸びている

これらはあくまでもベンチマークスコアであり、実作業において2〜3割のパフォーマンス向上が見られるかどうかはまた別問題ではあるが、16インチ型「MacBook Pro 2019」の下位モデルでさえも一部の計測結果では「Vega 20」グラフィックス搭載モデルを凌駕することが分かっていることから、専用のビデオRAMが8GBもある「AMD Radeon Pro 5500M」グラフィックスを搭載していれば、動画編集において作業効率の向上は期待できそうだ。

SSD性能

MacBookPro2019 16inch bencmark scores 00

SSD性能に関しては特に15インチモデルから変わらない予定だったものの、いざ測定してみると若干数値が伸びている

これは、16インチ型「MacBook Pro 2019」のUltimateモデルに搭載されているSSDが1TBではなく2TBであることが影響していると考えられる。容量の多いSSDは容量の少ないSSDよりも使用しているNAND型フラッシュメモリの数が多いことから、一般的に容量が大きければ大きいほど処理能力が向上する

今回確認できた数値の差は1TBと2TBの差によるものではないかと分析している。

プロユーザーが求めていたMacBook Proがついに完成した

MacBook Pro 2019 16inch Review BlueBackground 13

MacBook Pro 2016」の発表後、多くのプロユーザーはAppleを見放した。Windowsに乗り換えた人もいたが、発表直後に15インチ型「MacBook Pro 2015」が飛ぶように売れたという話も聞いた。

当時のAppleはプロが必要としていた「MacBook Pro」が分かっていなかったのかもしれない。筐体を極限まで薄くしないと死ぬ病気を患い、排熱構造がボトルネックとなりパフォーマンスが十分に発揮できず。見た目だけのデザインを追求し、使い勝手や耐久性が悪化。

本来はプロユーザーがやりたい作業に没頭できるマシーンであるはずが、安心して使うことができないマシーンが仕上がってしまっていた。

特に初代のバタフライキーボードはAppleにとってここ数年で最大の汚点だろう。打ちづらい上にすぐ故障し、修理にも時間が掛かり、ファンクションキーを勝手に「Touch Bar」という役に立たない小型ディスプレイに変更してしまったからだ。

MacBook Pro 2019 16inch Review BlueBackground 15

あれから3年、Appleはプロユーザーと向き合い、ようやく自分たちの過ちに気づいたのかもしれない。

薄さを追求することを止め、パフォーマンスが発揮できるように排熱構造を見直した。打ちやすい、故障しない、必要に応じてユーザー自身がキートップを外せるような信頼できるキーボードを搭載し、「Touch Bar」の廃止には踏み切れなかったものの最大の不満要素だった物理escキーや逆T字型矢印キーを復活。キーキャップのサイズやキーピッチも調整し、安心して作業をこなすことができるキーボードが戻ってきた。

こんなことをして褒められる企業は、世界中どこを見てもAppleぐらいだ。逆に言えば、何年も進化していなかったキーボードにチャレンジしたのもApple以外、僕は知らない

失敗するということは、何かにチャレンジしているということ。そして、いつか成功するということを意味する。かなりの回り道をしてしまったが、Appleはついにプロユーザーが本当に求めていた「MacBook Pro」を完成させることができたかもしれない。

トップクラスのパフォーマンス、美しいディスプレイ、信頼できるキーボードとトラックパッド、安定したトップレベルのパフォーマンス、ノートパソコン界ではトップクラスのスピーカー音質、ハイエンドコンピューターにしては素晴らしい電池持ち。これが、16インチ型「MacBook Pro 2019」だ。

Apple、ありがとう。僕らはずっとこれを待っていた。

MacBook Pro 2019 16インチ レビュー
MacBook Pro (16-inch, 2019)
9.0/10
ギャラリー
コメントを残す(7件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

コメント一覧(7件)
  1. 通りすがりの読者

    大変、参考になりました。私も、16インチMacbook proを購入しました(まだ届いてないですが)。
    ちなみにディスプレイの保護フィルムは貼っていますか?
    貼っているのであればおすすめはありますが?

  2. 通りすがりの読者

    15・16インチは筐体サイズが大きいのでFnキーの上にTouchBarがあると最高なんですけどね。

    それはそうとして、レビューにも感化されオーバースペックなの理解しつつ吊るし上位版購入しました。

    本来順番逆ですが、スペックに合わせた用途を探っていきたいです。

    スペックがあるからこそこんな用途にも使うようになったなどの体験談があれば記事にしてください。

  3. コーダイ

    goriさんは私とMacに対するスタンスが近いので、一番参考にさせていただいています。キーボードを理由に未だに15″ mid 2012を使っている身としては、とてもとても欲しいのですが、40万円出すなら妥協したくない。なので、WiFi6と10bitカラー対応まで待つ予定です。…予定です。

  4. 通りすがりの読者

    信頼性はましたかもしれませんが、矢印キーといいデザインは退化してますね。

    1. g.O.R.i

      記事内にも書きましたが、デザインも広義なので、Appleとしては見た目だけの「デザイン」ではなく、対象としているプロユーザーが最も必要としている「デザイン」を追求することを決めたんだと思います。見た目は前の方が好みですが、僕はこの方向性でいいんと思います!!

      1. マッコ

        自分もデザインは、以前の方が好きです。ユーザーに応えた新モデル、と言ってますが、性能に関して、進化していく事は、これからの後継機にも言える事ですし、バタフライキーボードにより薄くなったという利点が無くなり、若干ではありますが、サイズが大きくなり、重量が大きくなった事も退化といえば、そうなのでは?

  5. jecht

    待ってました!詳細レビューありがとうございます!
    個人的にはMid2020として出るであろうIceLake搭載機を購入するつもりでいますが...
    我慢できないかもしれないw

「MacBook Pro」新着記事
トレンド検索